2016.01.14

北朝鮮に苦戦も決勝弾でチームに貢献…DF植田直通「全員のゴール」

植田直通
チームメイトとゴールを喜ぶDF植田直通(5番) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 U-23日本代表は、13日に行われたAFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)のグループステージ初戦でU-23朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。試合後にDF植田直通がインタビューに応じた。

 試合は開始5分、右CKからファーサイドの植田が右足ボレーを突き刺し、先制点を決めた。「初戦で堅い試合になるってことは分かっていた。セットプレーで一本狙っていたので、そこで取れて良かったです」と試合後に語った植田は、狙い通りのゴールを挙げると、ベンチに駆け寄り、チームメイトと喜びを分かち合った。

「全員で乗り越えていこうってみんなで言っていた。全員のゴールだと思うので、全員で喜びたかったので走って行きました」

 幸先良く先制した日本だが、その後は追加点が遠く、後半に入ると北朝鮮の猛攻に遭う。しかし我慢強く守り切り、1-0で初戦を制した。完封に貢献した同選手は、「僕が跳ね返すしかないっていう気持ちでやっていたので、そこだけ集中してやってました」と振り返り、「勝てたことがかなり大きいことなので、次に繋げていけたら良いなと思います」と勝利を喜んだ。

 日本は、16日にグループステージ第2節でU-23タイ代表と対戦する。植田は「改善する部分はまだたくさんあるので、中2日でしっかり改善して挑みたいと思います」と2連勝へ意気込みを語った。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
21pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
66pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る