2014.06.15

日本、W杯黒星スタート…本田の2大会連続ゴールも後半逆転許す

ジェルビーニョ
ジェルビーニョに与えた逆転ゴールのシーン [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコートジボワール代表と日本代表が対戦した。

 ワールドカップ初戦となる試合でコートジボワールは負傷の状態が懸念されていたヤヤ・トゥーレがスタメンの一方、ディディエ・ドログバがベンチスタートとなった。日本は、川島永嗣、内田篤人、森重真人、吉田麻也、長友佑都、山口蛍、長谷部誠、岡崎慎司、本田圭佑、香川真司、大迫勇也が先発に名を連ねた。

 この試合ファーストシュートは6分、カウンターからジェルビーニョのスルーパスをペナルティエリア内右で受けたウィルフリード・ボニーが狙うが、森重真人がブロックに入った。序盤はコートジボワールが支配する展開で進む。

 日本は16分、左サイドのゴールライン近くからスローインで再開すると、長友の横パスを受けた本田が、ペナルティエリア内左で、右足のトラップから前を向くと、左足一閃。強烈なシュートがゴール左上へ突き刺さり、日本が最初のシュートで先制に成功する。

 21分には右サイドで内田がエリア内右でボールを持つと、巧みな切り返しでDFをかわして左足を振り抜いたが、GKブバカル・バリーの正面を突いた。直後にも本田の右サイドからのクロス性のボールがゴールへ向かうが、GKバリーが下がりながら弾いた。

 コートジボワールはY・トゥーレやジェルビーニョを中心に日本ゴールへ迫る。31分にはゴール前右で得たFKをアルトゥール・ボカが直接狙ったが、枠の上へ外れる。35分にもCKのこぼれ球をボカが強烈なミドルシュートで狙ったが、GK川島の守備範囲だった。39分にはY・トゥーレがエリア内左に侵入するとマイナスボールをジェルビーニョがシュートするが、山口がブロック。日本は前半、攻め込まれる場面が多いながらも、リードして試合を折り返す。

 ハーフタイムに両チームのメンバー交代はなし。48分にコートジボワールはパス交換から右サイドでフリーのサロモン・カルーにボールが渡りシュート。DFのブロックで威力がなくなったところにボニーが頭で合わせたが、ミートしなかった。

 日本は50分、セットプレーの流れから、相手に渡ったボールを本田が高い位置で奪い返し、最後はゴール左45度の位置で長谷部が狙うも枠の左へそれた。53分、アルベルト・ザッケローニ監督は長谷部をベンチに下げ、遠藤保仁を送り出す。

 57分、コートジボワールはY・トゥーレがドリブルで突破しエリア内右に侵入。対応した吉田がタックルにいくと、Y・トゥーレが倒れたが、ホイッスルは鳴らず。60分にはカルーがミドルレンジからシュートするが、枠の左へ外れた。

 1点を追うコートジボワールは62分にボランチのセレイ・ディエを下げ、ドログバを投入。迎えた64分、コートジボワールは右サイドのセルジュ・オーリエがアーリークロスを送るとニアサイドに飛び込んだボニーがヘディングでゴール左へ決め、試合は振り出しに戻る。

 勢いに乗るコートジボワールは2分後にも似たような形で、オーリエからクロスが上がると、今度はニアサイドでジェルビーニョがダイビングヘッドをフリーでゴール右隅へ決め、あっという間に逆転に成功する。直後、日本は大迫を下げ、大久保嘉人がピッチに立つ。

 81分、コートジボワールはゴール正面やや左でのFKをドログバが狙ったが、GK川島が弾く。85分にはゴール正面のドログバがフリーでシュートするが、ブロックに当たり枠を外れる。直後に日本は香川を下げ、柿谷曜一朗を投入して交代枠を使い切る。しかし、コートジボワールのゴールは遠く。日本は1-2で敗れた。

 19日に行われるグループリーグ第2節でコートジボワールはウルグアイと、日本はギリシャと対戦する。

【スコア】
コートジボワール 2-1 日本

【得点者】
0-1 16分 本田圭佑(日本)
1-1 64分 ボニー(コートジボワール)
2-1 66分 ジェルビーニョ(コートジボワール)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る