2016.02.18

フットサル日本代表、4大会連続のW杯出場は叶わず…キルギスに敗れ終戦

サッカー総合情報サイト

 AFCフットサル選手権ウズベキスタン2016のプレーオフ第1戦が18日に行われ、フットサル日本代表とフットサルキルギスタン代表が対戦した。

 FIFAフットサルワールドカップコロンビア2016の予選も兼ねている同大会は、16カ国が4つのグループに振り分けられ、1回戦総当りの試合を行う。各グループの上位2チームが決勝トーナメントに進出し、上位5チームに9月から開催されるW杯の出場権が与えられる。

 4大会連続のW杯出場を目指す日本は、グループDを3戦全勝で首位通過。しかしベトナムとの対戦となった準々決勝でPK戦の末に敗れた。最後の1枠をかけてまずはプレーオフ初戦に臨む日本は、GKに藤原潤、フィールドプレーヤー(FP)は滝田学、森岡薫、仁部屋和弘、西谷良介がスタメンに名を連ねた。

 試合は序盤から日本が敵陣に押し込む展開となり、森岡や仁部屋にシュートチャンスが訪れたが得点とはならない。すると10分にキルギスタンが一瞬の隙を突いて先制する。右サイド高い位置でのキックインからファーサイドにパスを通し、最後はバイガジ・ウランベクが押し込んでネットを揺らした。さらに13分、キルギスタンは右CKからチョトバエフ・イリアスが追加点を決めてリードを広げる。

 2点目を奪われた日本は直後にタイムアウトを取り、ここから反撃を目指したが、結局キルギスタンの守備陣を崩し切ることはできず、無得点のままハーフタイムを迎えた。

 日本は後半立ち上がりからGK藤原に代えてFP小曽戸允哉を投入し、パワープレーを仕掛けたが、23分までに迎えた3度の決定機を決め切ることができない。逆に24分、前線でボールを失うと無人のゴールにシュートを流し込まれ、ビハインドは3点となった。

 なおもパワープレーを続ける日本は25分、右サイドから崩すと最後は逸見勝利ラファエルが押し込み1点を返す。ところが30分、再びボールロストから失点を喫すると、36分にも1点を追加され、スコアは5-1となる。

 日本は39分、左サイド深い位置から星翔太が意地の1点を返したが反撃もここまで。直後にキルギスタンが1点を追加し、試合は6-2で終了のホイッスルを迎えた。

 敗れた日本はこれで敗退となり、W杯出場は叶わず。一方、勝ったキルギスタンは19日に、W杯出場権最後の1枠がかかる5位決定戦でイラクとオーストラリアの勝者と対戦する。

【スコア】
フットサル日本代表 2-6 フットサルキルギスタン代表

【得点者】
0-1 10分 バイガジ・ウランベク(キルギスタン)
0-2 13分 チョトバエフ・イリアス(キルギスタン)
0-3 24分 マクサドベク・アリモフ(キルギスタン)
1-3 25分 逸見勝利ラファエル(日本)
1-4 30分 バイガジ・ウランベク(キルギスタン)
1-5 36分 マクサドベク・アリモフ(キルギスタン)
2-5 39分 星翔太(日本)
2-6 40分 マクサドベク・アリモフ(キルギスタン)

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
63pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る