2016.01.30

浦和のDF槙野智章がプロになるまでを振り返る「常にトップを意識してプレーできていた」

サッカー総合情報サイト

槙野智章
インタビュー・文=諌元知英(Jリーグサッカーキング編集部)
写真=鷹羽康博
※取材日:2015年12月17日

「あの環境でやりたいな」といつも思っていた

――ご自身のルーキー時代についてお話を聞かせてください。槙野智章選手はサンフレッチェ広島のジュニアユース、ユースを経てトップ昇格されていますが、プロになってから、Jクラブの育成組織に所属していて良かったなと感じたことはありますか?

槙野智章 直接的に上のチームと環境が近いので、触れ合える時間も多かったんです。常にトップを意識してプレーできていたのが大きかったと思います。

――カテゴリーが異なる選手たちと話す機会もあったのですね。

槙野智章 たくさんありましたよ! ジュニアユースの時にはユースの試合にも行きますし、一緒にトレーニングもします。ユースの選手はトップチームの練習に行きますし、一緒に試合もするので、常に上を見ながら意識できていました。そういったところで自分がいいプレーをすれば、また呼んでもらえるんです。たくさんの刺激をもらっていましたね。

――トップチームの選手を間近で見られるというのは、プロ選手への夢も描きやすいですね。

槙野智章 やっぱりあのグラウンドで、あのファン・サポーターの方々の前で試合や練習ができるのは違いますよね。サンフレッチェはたくさんのファン・サポーターが試合を見に来てくれますから。「あの環境でやりたいな」というのはいつも思っていました。

――2006年にトップ昇格を果たした時は喜びも大きかったのではないですか?

槙野智章 いや、それが……。実は昇格の声が掛かったのが遅かったので、うれしかったというよりも、「遅いだろ!」って思いましたよ(笑)。高校3年生の夏ぐらいまでに他クラブの同世代の選手たちは声が掛かっていたんです。でも僕は3年生の冬前ぐらいで。本当にギリギリだったので、実は心配だったんです。「この先、俺はプロに行けるのか?」、「大学進学を選ばないといけないのか?」、「他のJリーグのチームにテストを受けに行かないといけないのか?」って。いろいろな選択肢はありましたけど、周りは決まっているし「なんでやろう?」と思っていました。だから、声を掛けてもらえた時はホッとしたというよりも、「遅いよ!」という感じでした。生意気ですね(笑)。

毎日家を出る時は、今日もサッカーができる喜びだけ

――育成組織に所属していたころ、「プロサッカー選手になりたい!」と明確にプロへの道を描くきっかけになった出来事などはありますか?

槙野智章 サンフレッチェはユースになると寮で生活するので、今まで自分たちが通っていた中学校を、中学3年生の2学期になったら転校しないといけないんです。同時に親元を離れることにもなります。その時に「絶対にプロになる!」と決めました。もちろん小学生の時にもサッカー選手になりたいなと思っていましたけど、両親にはやっぱりいろいろな負担も掛けてきましたし、離れることで心配も掛けますからね。だから、「プロ選手になる!」というのを強く感じました。

――ご両親は心配されることもあったでしょうね。

槙野智章 でも、僕のやりたいことに背中を押してくれていました。「あれをやりたい。これをやりたい」という僕の希望に関して否定しなかったですから。でも、「やるんだったら最後までとことんやり抜きなさい」というのが、僕の親のしつけだったり教えだったと思います。

――槙野選手は若い頃から世界で戦った経験がありますが、ルーキー選手の中には、時に打たれ弱くなってしまうこともあると思います。そういう時に「こうしたらいいよ!」というアドバイスがあれば教えていただけますか?

槙野智章 人生においてはもっとたくさんのダメージがありますよ。ルーキーの時に直面することで悩んでいるようではダメですね。僕は今28歳ですけど、この先、もっと悩むことがあるはずです。だから、ルーキー時代で悩んでいることなんて先を考えたら小さいことだから、もっと余裕を持ってサッカーに専念してほしいですね。サッカー選手として過ごせている時間を大切にして、もっとサッカーに打ち込んでほしい。自分の好きなサッカーで悩みがあるのはむしろいいこと。とにかく楽しんでほしいですね。

――槙野選手は明るいキャラクターでサッカーでもそれ以外の場面でも「盛り上げてくれる人」という印象ですが、ご自身の中でサッカー=仕事という感覚はあるのでしょうか?

槙野智章 全然ないです。好きなことの延長ですよ。毎日家を出る時は、「やったあ! 今日もボールを蹴れる!」って思いますからね。仕事で行くというメンタルでドアは開けていないです。家を出る時は今日もサッカーができる喜びだけですよ!