2015.07.01

松井愛莉さんが語る高校時代「実は結構人見知りで、それが自分でもビックリするぐらい直りました(笑)」

高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

matsui8

インタビュー=安田勇斗 写真=山下弘毅

 女優やモデルとして活躍中の松井愛莉さんは、2013年度の高校選手権応援マネージャーに就任したのをきっかけに、さらにサッカー愛に目覚めた。「見るのは一番好き」というサッカーへの想い、そして応援マネージャーを務めていた高校時代を振り返ってもらった。

いかにも「男」というタイプが好き

――サッカーを見始めたきっかけを教えてください。
松井 元々お母さんがサッカー好きで、弟も昔からサッカーをやっていて、それで私もサッカーを見るようになったんです。私は福島県のいわき市出身で、近くにJヴィレッジがありました。小学生の頃に日本代表の選手たちが来ていて見に行ったのを憶えています。それからも日本代表の試合はよくテレビで見ていますし、見るのはサッカーが一番好きですね。実はこの前も、プライベートで友達と日本代表の試合を見に行こうとしていたんですけど、体調を崩してしまい行けず、すごく悔しかったです(苦笑)。

――好きな選手はいますか?
松井 GKの川島(永嗣/スタンダール・リエージュ)選手が好きです。カッコいいサッカー選手はたくさんいますが、私は川島選手のようないかにも「男」というタイプが好きなんです。川島選手の熱いところや、試合中の姿は本当にカッコいいですね。

――サッカーを見るだけでなく、自分でやることはありますか?
松井 昔からそうなんですけど、実家に帰った時に弟とよくサッカーをやっています。お家の近くに公園があって、そこまで一緒にランニングしてボールを蹴って。パスをしたりリフティングをしたり……。

――リフティングができるんですか?
松井 できないです(苦笑)。弟のリフティングを見て真似しようとしてるんですけど。

――2013年度の全国高校サッカー選手権応援マネージャーを務めていました。振り返ってどんな思い出がありますか?
松井 それをきっかけに高校サッカーが好きになって、今年も2試合見に行きました。1試合は家族と、もう1試合は友達と。あの時は特に決勝の富山第一と星稜の試合が印象に残っています。選手権は選手みんなの懸ける想いがそれぞれ強くて、本当に輝いてますよね。その気持ちが伝わってきますし、応援にも熱が入ります。

――サッカーを見る時はどういう感じで応援しているのでしょうか? 声を出したり、あるいは静かに座って見たり……。
松井 自然と声が出ちゃいますね(笑)。昔はお母さんが応援している時に声を出してて、いつも家族みんなが「うるさい」って言ってたんですよ。でも、今はその気持ちがわかります。ゴールが入りそうになったら「あっ!」ってなっちゃいますから(笑)。

高校サッカーは、やっぱりカッコいい。キラキラして見えます

――ちなみに今年春に高校を卒業されましたが、高校3年間で熱中していたことはありますか?
松井 自分の中では仕事がメインになっていたと思います。それもあってか学校に行くのが嫌な時もありました(苦笑)。勉強については……聞かないでください。勉強が辛かったという思い出はたくさんあります(笑)。

――では得意だった科目は?
松井 体育です。運動が大好きなんです。ただ着替えるのが面倒な時もありましたね(苦笑)。運動は今もよくしてますよ。

――その他に高校時代の思い出はありますか?

松井 振り返ってみると、意外と楽しい思い出が結構ありますね。友達とご飯を食べたり、みんなで海に行ったり、ディズニーランドに行ったり。あの頃は若かったなと思います。

――まだ卒業したばかりですが……。
松井 そうなんですけど(笑)、最近は休みがあると温泉に行きたいとか、ゆっくりしたいと思っちゃうんで。「休みだイェーイ!」みたいなテンションの高さがなかったりするんですよね(苦笑)。

――高校3年間は人生においてどんな時間だったと思いますか?
松井 高校で自分を鍛えてもらったというか、成長した面はたくさんあったと思います。実は私、結構人見知りなんです。地元の小学校から中学校に上がる時は知っている人しかいなかったので新しく友達を作ることはなかったんですけど、高校に入ってからは知らない人ばかりで最初はちょっと大変でした。また、仕事でもいろいろな経験をさせていただいて、まだまだ子供ですけど考え方が少しだけ大人になったかなと。気持ちもより前向きになってきましたし、言わなきゃいけないところで自分の意見を言えるようになってきました。こうした変化は自分にとって大きかったですね。

――人見知りは今も変わらずあるんですか?
松井 自分でもビックリするぐらい直りました(笑)。昔が本当にひどかったので。特にこういうインタビューの場では全然しゃべれませんでした(苦笑)。しゃべりはまだまだですけど、あの時の私を知ってる人はこの成長ぶりに驚くと思いますよ(笑)。

――話は変わりますが、高校サッカー部の選手たちの印象を聞かせてください。
松井 やっぱりカッコいいですよね。キラキラして見えます。高校時代の青春というか、その時にしか感じられない喜びや悔しさ、想いがあると思うんですけど、その姿を見ていると心を動かされます。なんか、自分もがんばろうって。彼らを見ていると自分の悩みなんてバカバカしいなって思いますね。

――最後に高校サッカー部の選手たちに向けて応援メッセージをお願いします。
松井 高校サッカーは負ければ終わりの厳しい世界ですが、どんな時でも選手たちにはがんばってほしいです。試合に出られる選手、出られない選手関係なく同じ想いで応援してますし、どんな立場であっても精一杯、力を出しきってほしいですね。

松井 愛莉(まつい・あいり)
1996年12月26日生まれ、福島県出身。
「nicola」2009年モデルオーディションでグランプリに輝き、現在は「Ray」専属モデルを務める。女優としても活動の幅を広げテレビや映画、CMなどで活躍中。フジテレビ系SPドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」に出演予定の他、日本テレビ「Going!Sports&News」の毎週日曜にお天気キャスターを務める。