2015.07.10

目指すは自国開催での金メダル…U-22ブラジル代表パンアメリカン競技大会へ

ルーカス・ピアソン

4年に1度行われる、パンアメリカン競技大会。いわばアメリカ大陸諸国のオリンピックのようなものだ。17回目となる今年は、カナダのトロントにて開催される。

コパ・アメリカ準々決勝敗退、女子ワールドカップベスト8止まり、ニュージーランドで行われたU-20ワールドカップでは準優勝。この事態を受けCBFが歴代の監督や選手を集めた緊急会合を開くなど、ブラジル代表の周囲では何かと慌ただしい状況にある。それだけに今回のパンアメリカン競技大会では、U-22ブラジル代表の成績に注目が集まる。自国開催となる来年のリオ・デ・ジャネイロ五輪へ向けたメンバーが中心となっており、テストマッチの意味合いも兼ねる今大会。いまだ獲得したことない五輪サッカーでの金メダルへ向け、ここではずみをつけておきたいところだ。

以下、パンアメリカ競技大会に臨むメンバー23名。

GK
アンドレイ(ボタフォゴ-サンパウロ)
ジャクソン(インテルナシオナル)

DF
ブレッサン(フラメンゴ)
ルアン(ヴァスコ)
グスタヴォ・ヴェルネス(サントス)
エウレル(ヴィトーリア)
ジウベルト(ボタフォゴ)
チンガ(フォルタレーザ)
ビニシウス・ヒベイロ(ペルージャ/イタリア)

MF
ブルーノ・パウリスタ(バイーア)
バレット(クリシューマ)
ドド(アトレチコ・ミネイロ)
エウリコ(クルゼイロ)
ホムロ(バイーア)

FW
クレイトン(フィゲイレンセ)
エンヒキ・リマ(ゴイアス)
ルーカス・ピアソン(フランクフルト/ドイツ)
ルシアーノ(コリンチャンス)

三島大輔
神田外語大学国際言語文化学科ブラジル・ポルトガル語専攻卒/2014年ブラジル留学/ガンバ大阪/チェルシーFC/フルミネンセFC。ブラジル全国選手権(Brasileirao)、国内カップ戦(Copa do Brasil)、各州選手権、ブラジル代表など、ブラジルサッカーについて発信していきます。よろしくお願いします。
サッカーキング・オピニオンとは
「サッカーをテキストで楽しむ!」(読む、書く、仲間を探す、コミュニティで議論する)ことを目的とした、サッカーファン、サッカーライター、ブロガー、みんなが主役のメディアです。「サッカーについてもっと知りたい人」のために、ニュースから一歩踏み込んだ記事を発信します。
http://opinion.sk/