2015.06.12

JFLファーストステージ終了/「奈良劇場総支配人」奈良クラブ岡山一成のJリーグへの道:第ニ四回

unnamed01

 昇格1年目のJFLファーストステージが終わった。15試合で6勝5分け4敗の勝ち点23。7位という成績やった。

 初戦の鹿児島ユナイテッドFCに何もできないまま0-1で負け、JFLの厳しさを教えられた。ここで気持ちを引き締めて、昨シーズンの上位陣だったSP京都FC、Honda FCに連勝。関西リーグ時代からのライバルFC大阪には引き分けたけど、流経大ドラゴンズ龍ヶ崎、FCマルヤス岡崎、栃木ウーヴァFCに3連勝した。この時点ではかなり健闘していたが、ゴールデンウィークはMIOびわこ滋賀、ファジアーノ岡山ネクスト、ホンダロックSC相手のアウェイ3連戦で3引き分け。そこからヴァンラーレ八戸に負け、アスルクラロ沼津に引き分けてしまった。5試合勝利なしの苦しいチーム状況を乗り越えてヴェルスパ大分に苦しみながら勝利して流れを手繰り寄せたかに思えたが、横河武蔵野FC、ソニー仙台FCと2連敗を喫してファーストステージが終わった。

unnamed04

 JFLを初めて戦って、やはり地域リーグとの差を痛感した。

 地域リーグではほぼ負けなかったのが、チームとしても個人個人の局面でも絶対的に勝てるわけではない。個人的にも地域リーグでは余裕を持ってヘディングができていたのに、JFLではやっとこさで競り勝てるくらい。シュートの場面では必ず食らいついてきて、絶対にフリーでは打たせてくれない。ここの感覚をJFLの中でトップクラスに持っていかないと、Jリーグ昇格など言ってはいられない。

 俺がJ2とJ1を行ったり来たりしたのも、この感覚が埋められなかったから。ファーストステージで経験したものをうまく自分たちで昇華させて、セカンドステージは優勝できるようにみんなで闘っていく。

 前回のホームゲームでは、2005人の方が試合を見に来てくれた。Jリーグ参入には平均2000人の観客動員数が必要やから、やっとスタートラインに立てたことになる。

 これからもチーム成績と一緒に観客を増やしていく努力をみんなでしていこう。まずはホーム3連戦を3連勝して、観客動員数でも平均2000人超えを達成するぞ。

unnamed02

 ファーストステージとセカンドステージの合間で今週は試合がないから、6月13日(土)19時からロフトプラスワンウエストでトーク劇場を開催することになった。

岡山一成、好き放題しゃべります。

 いつもゲスト出演しては時間をオーバーして進行の妨げをしていたら、ロフトプラスワンウエストが「好きにしゃべりなはれ」と、時間をくれた(笑)。

 俺一人やと収拾つかんようになるから、MCにケチャップ河合氏を添えて、ゲストに奈良クラブのレジェンド、橋垣戸光一を招へいした。どんなイベントになるかは、俺も出たとこ勝負やから全く読めん(笑)。

 来てくれた人には特典として、ACLの優勝メダルとクラブワールドカップ3位の銅メダルを首から掛けて俺と記念撮影できることにした。地下アイドル並みのサービスやろ(笑)。

unnamed03

 とりあえずみんなを岡山一成ワールドに引き込むで。

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/34287

 奈良クラブのサポーターはもちろん、関西のJクラブサポーターは絶対に来てほしい。待ってるで。

岡山一成

岡山一成(おかやま・かずなり)
1978年4月24日生まれ。大阪府出身。
初芝橋本高卒業後、テスト生として横浜Mへ。打点の高いヘディングとガッツ溢れるプレーが評価されてプロ契約を勝ち取ると、デビュー戦から3試合連続ゴールを記録して一気に頭角を現した。大宮、横浜FM、C大阪、川崎F、福岡、柏、仙台と渡り歩く中、川崎F時代に始めた試合後の“岡山劇場”でサポーターの心をつかむ。柏時代には日立台のゴール裏でサポーターともに応援したこともある。09年に移籍した韓国・Kリーグの浦項ではACLを制し、FIFAクラブW杯で3位に入った。11年から12シーズンまで札幌に在籍し、2013年夏からアマチュア選手として奈良クラブへ加入。J1通算64試合6得点、J2通算214試合20得点。