2015.06.05

【J動画特集】プロ1年目の本田圭佑が強烈な左足キックで初ゴール

 膨大なJリーグの過去映像を収録しているJリーグ動画アーカイブの中から、サッカーキング編集部が厳選した5つのカテゴリーに分けて、5本の映像をお届けすることとなった。ここでは「日本代表海外組の思い出ゴール」の中から選んでみた。

 1993年の開幕以来、Jリーグから欧州へと幾多のスター選手が巣立っていった。そんな彼らの「原点」を体感できるのもJリーグ動画アーカイブの凄味である。

 現在、欧州で活躍する日本代表の主力選手に限定しても、実にさまざまな映像を視聴できる。たとえば10年余り前、浦和レッズ時代の長谷部誠がジュビロ磐田相手にアディショナルタイムに決めたドリブルからのごぼう抜きゴール、香川真司の華麗なゴールや国内ラストマッチで決めた直接FKなども収められている。

 今回、編集部がそんな豊富な候補の中から選んだのは、石川県の星稜高を卒業して名古屋グランパスへ加入した本田圭佑がプロ1年目に決めた初ゴールだ。
 2005年4月28日に行われたJ1第8節。東京ヴェルディ1969(現東京V)に先制された状況で迎えた15分、右サイドから猛然と仕掛けた本田は、股抜きで相手DFをかわし、左足で強烈なシュートをゴールの天井へ突き刺した。ACミラン(イタリア)で右サイドでのプレーに開眼したと言われがちな本田だが、当時からその片鱗は見せていた。ちょっと初々しいガッツポーズを含めて、一見の価値はあるだろう。

 ちなみに試合はそこから誰もが予想だにしなかった記録的乱打戦へ突入。5-4というスコアで名古屋が競り勝っている。

Jリーグ動画アーカイブ

Windows8.1もしくはXbox Oneで視聴できるJリーグの過去映像を収録したアプリ。通常のハイライトとは異なり、スーパーゴールや名場面などをピンポイントで視聴していくことができる。1993年の開幕から20年余りの蓄積を体感可能だ。