FOLLOW US

アジア杯直前、データで分析する海外組…前半戦で輝いたのは長谷部

during the Bundesliga match between Eintracht Frankfurt and SV Werder Bremen at Commerzbank-Arena on December 7, 2014 in Frankfurt am Main, Germany.

d
今季からフランクフルトでプレーする長谷部 [写真]=Bogarts/Getty Images

<欧州の日本勢トップに立つ主将、長谷部>

 スポーツデータ会社の『オプタ』が欧州4大リーグ(※スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア)の第16節(プレミアリーグとブンデスリーガは第17節)終了時に出したパフォーマンスの統計で、フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が総合39位で日本人最高位に立ち、前半戦を終了した。

 同統計はゴールやアシスト、インターセプト、ファウル数など、プレーにおける70の要素を基に算出されたデータで、シーズン中の代表戦のパフォーマンスも含まれる。

 ブンデスリーガ第17節を終えた段階で、長谷部はこぼれ球収集数、インターセプト成功数、タックル成功数が際立っており、毎試合安定したプレーで中央MFの選手としての役目を十二分に発揮している。

 フランクフルトは9位で前半戦を終えているが、長谷部はブンデスリーガのみに絞ったランキングで15位、さらにMFのみに絞ると9位、フランクフルトではドイツ人MFアレクサンダー・マイアーに次いで2位と、チームの中核選手として活躍している。

 長谷部は敵地にて1-1で引き分けた第17節 のレヴァークーゼン戦後に、専門誌『キッカー』からチーム最高の2.5点(1が最高で6が最低)の高評価を受けており、上り調子でアジアカップに臨む。

Hannover 96 v FC Augsburg - Bundesliga
今季からハノーファーでプレーする清武 [写真]=Getty Images

<脂の乗ってきた清武、複数の攻撃的ポジションで活躍>

 ブンデスリーガ8位のハノーファーに所属する日本代表MF清武弘嗣が総合81位の日本勢2位に急浮上している。国内リーグでは25位、MFでは14位、ハノーファーではスペイン人FWホセルに次いで2位となっており、清武も長谷部同様、チームの攻撃の要として欠かせない存在となっている。

 清武は第15節 に敵地で3-3と引き分けたブレーメン戦で今季3点目に加え、アシストも記録するなどし、一気に個人成績を上げた。清武は味方のシュートに繋がるラストパス、クロス、ドリブルの成功数に優れており、攻撃的MFとしての持ち味をいかんなく発揮している。

d
ミランでプレーする本田 [写真]=Getty Images

<最近は不振気味のエース本田、アジアカップで復調なるか>

 序盤戦の活躍が光った日本代表のエース、ミランのMF本田圭佑は、シーズン折り返し地点に来て調子を落としている。セリエAでクラブは7位で前半戦を折り返したが、本田個人の成績としては第15節に長谷部、16節には清武に抜かれて日本勢3位の総合102位まで後退。

 セリエAでは23位、同リーグのMFでは11位、ミランの中ではフランス代表FWジェ レミー・メネズ、オランダ代表MFナイジェル・デ・ヨング、イタリア代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラに次いで4位の個人成績となっている。

 10月に敵地で行われた第7節のヴェローナ戦で、4-3-3の右FWで出場した本田は2ゴールを挙げる活躍を見せ、今季通算得点数を6に伸ばし、一時は得点ランキングトップタイに立ったものの、その後は9戦不発。ゴール以外の特徴としては、枠内シュート数を伸ばしており、やはり得点に対する意識が強くプレーに出ている。アジアカップではエースの巻き返しに期待したいところ。

<
オーストラリアの主将を務めるジェディナク [写真]=Getty Images

<日本以外で注目すべきはプレミア個人首位の地元オーストラリア代表主将>

 日本代表は最新のFIFAランキングで54位となり、同51位に浮上したイランに次いでアジア勢では2位となっており、ハビエル・アギーレ監督の八百長騒動も落ち着かないまま本大会に臨むことになる。グループDで日本は12日にパレスチナ(同113位・アジア13位)、16日にイラク(同103位・アジア12位)、20日にヨルダン(81位・アジア5位タイ)と対戦する。なお、韓国は69位でアジア3位、オーストラリアは同100位でアジア10位となっている。

 特筆すべきは、プレミアリーグのクリスタル・パレスとオーストラリアで主将を務めるMFミル・ジェディナクだろう。ジェディナクは第17節を終えた時点でレアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次いで総合3位につけている。

 同節でクリスタル・パレスの順位は17位と不振気味だが、ジェディナクは今季5ゴール1アシストで、枠内シュート数も多く、守備面においてもクリア、タックル、インターセプト成功数、こぼれ球収集数で突出している。減点に影響するミスも少ないため、記録上は欧州トップのスター選手らと同じレベルを維持している。

 11月18日に大阪で行われた親善試合、日本対オーストラリア戦では日本が2-1で勝利しているが、ジェディナクは今大会の台風の目となりうる存在だ。

 一方、プレミアリーグ第17節を終えて8位のスウォンジーに所属する韓国代表MFキ・ソンヨンも中央MFとして今季3ゴー ルを挙げる活躍で総合13位/アジア勢2位につけており、こぼれ球収集数をはじめ、インターセプト、タックル、クリアの成功数において秀でており、韓国の中心選手として注目すべきだろう。

藤井重隆(ふじい・しげたか)。東京都出身。ロンドン大学ゴールドスミス卒。19歳からスポニチの英国通信員として稲本潤一選手の取材を中心にライター活動を開始。日刊スポーツ、時事通信を経て欧州サッカー界に精通。イングランド7部でのプレーも経験し、FAレベル2コーチング・ライセンス取得。現在も西ロンドンの社会人チームでプレーしながら、本場のフットボールに浸る。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO