2014.06.05

権田修一が、周りからストイックだと 言われる理由を教えてください。

答え
22時就寝が基本で、9時間の睡眠。着替えの順番も決まって同じ

権田修一

 FC東京のチームメート太田宏介が「これぞアスリートという感じ。トレーナールームへ行くと必ずいる」と証言するように、権田はストイックな毎日を送る。22時就寝が基本で、睡眠時間は9時間。午前練習の3時間前に起床すると、体温や血圧を測り、体調に変化がないかをチェックする。練習に限らず、着替えやスパイクのひもを結ぶ順番も決まって同じだが、それには相応の理由がある。権田は「そうすることで、いつも同じ気持ちで試合に入っていける」と、ルーティンを重視するのには、メンタルを安定させる効果があると明かす。食事を含む体調管理にも厳しく取り組むなど、これだけ真摯にサッカーと向き合う権田にとって、2013年5月7日に誕生した長男の存在はいい癒やしになっている様子。太田は「キャンプの時も、テレビ電話でつないでたらしいですよ。子供を溺愛してますね」と語っている。