2014.06.02

大迫勇也の万能のプレースタイルは、 いつ、どこで仕上がったものなのですか?

答え
常勝を求められ、「すべてがゴールにつながっている」と意識した鹿島時代

大迫勇也

 大迫は抜群の特長があるわけではないが、すべての能力が高い。ゴールを決める技術はもちろん、ポストプレーや前線からの献身的な守備にも定評がある。こうした万能型のスタイルは常勝を義務づけられた鹿島アントラーズで完成したようだ。鹿島時代、大迫は次のように語っている。「鹿島でやる以上は点を取るだけでは評価されないというか。点を取るのは大前提で、そこに守備での貢献だったり、ポストプレーだったり、そういったものをいかに上積みできるかを常に考えながらプレーしないといけない。点を取るためには守備をしなければいけないし、ボールを取らなければいけない。前にボールが回ってくるようにポストプレーもしなければいけない。そのすべてがゴールにつながっているから」。守備もポストプレーも、すべてはゴールから逆算したもの。大迫はシュート以外の局面でも、常に得点を意識している。