2014.06.07

W杯の必読書5冊を紹介! サッカー王国・静岡の書店員は「一生ダイビングヘッド」の男の自伝も推薦

『サッカーフリークの書店員によるブックレビュー』は、当サイトの運営会社である株式会社フロムワンの企業理念、「日本のサッカー文化の普及啓蒙」を推し進めるためのコーナー。現場のプロフェッショナルならではの視点で、サッカー文化の成熟を促す書籍をどんどん取り上げていきます。

 初回の企画は「書店員一押し! ワールドカップをとことん楽しむためのサッカー書籍ベスト5」。今回は、サッカー王国・静岡の書店、BOOKアマノ有玉店の山本明広さんが、ワールドカップを存分に楽しむためのオススメの5冊を紹介してくれました。

オススメ 1 ワールドカップがもっと楽しめるサッカー中継の舞台裏

140602_book_01

著者:村社 淳
出版社:KADOKAWA/角川マガジンズ
定価:本体800円+税

 地球の裏側ブラジルで行われる今回のワールドカップ、テレビ観戦するという方がほとんどだろうと思いますが、今でこそ当たり前のように見られるようになった海外での試合生中継、ここに至るまでには多くの先人の苦労の歴史と技術の発展がありました。

 20年以上フジテレビのサッカー中継・番組制作を指揮してきた著者が語る、高騰する放映権の謎、中継機材など技術の向上、現場を指揮するプロデューサーの意外な役割といった中継の舞台裏と、サッカーをより楽しむために作られてきたサッカーバラエティ・ドキュメンタリー番組の制作秘話など裏話が満載です。

オススメ 2 10番は「司令塔」ではない

著者:北健一郎
出版社:角川書店
定価:本体1,400円+税

 日本代表の10番は香川真司、でもトップ下は本田圭佑。2人は共存できるのか? 10番の、トップ下の役割は何? 「司令塔」と言われるのはどのポジションなのか? 

 彼らはもちろん、世界のトップクラブで活躍する様々なタイプの10番、トップ下の選手のプレーのバリエーションを紹介しつつ、これらの疑問に明快に答えてくれるのがこの一冊。Jリーグきっての理論派・高橋秀人(FC東京)、トップ下も「司令塔」も務める柏木陽介(浦和)のトップ下論は、サッカーの見方を変えてくれること間違いなしです。

オススメ 3 サッカー日本代表をディープに観戦する25のキーワード

著者:清水英斗
出版社:池田書店
定価:本体900円+税

 ブラジル・ワールドカップは4年間で築き上げてきたザックジャパンの総決算の場。そこまでにどんな過程を経てチームが作られてきたかを深く探ることで、より多くの視点から本大会での日本代表の戦いを見ることができるようになります。

 この本では2013年8月のウルグアイ戦から11月のベルギー戦までを振り返りながら、それぞれの試合でキーポイントとなったポジション、選手の動きが細かく分析されており、これを読めば日本代表がワールドカップをどんなメンバーで、どんな戦い方で挑むのかさらに想像を膨らませることができ、ワクワクさせてくれます。

オススメ 4 深読みサッカー論

著者:山本昌邦・武智幸徳
出版社:日本経済新聞出版社
定価:850円+税

 「○○選手が出ないなんて、面白くない」と思っている方にぜひ読んでいただきたい一冊です。

 今大会もズラタン・イブラヒモビッチやギャレス・ベイルなど一部ワールドクラスの選手のプレーが見られないけれど、それでもワールドカップだからこそ面白い、本書に書かれたその理由を読むだけでもワールドカップが楽しみになります。

 そして、監督、コーチとして国際経験豊富な山本昌邦氏が実体験を伴う国際大会での裏側を披露しつつ、日本代表を分析。今大会を楽しみつつ、これからの日本サッカーへの思いも馳せられる内容にもなっています。

オススメ 5 鈍足バンザイ!

著者:岡崎慎司
出版社:幻冬舎
定価:本体1,300円+税

 最後に、個人的に日本代表で最も期待している選手の自伝本を紹介します。

 本田のような強烈な個性があるわけでも、香川のような圧倒的な技術があるわけでもなく、長友のようなスプリント能力があるわけでもない。にもかかわらず日本代表歴代3位のゴール数を誇り、欧州トップリーグでの日本人シーズン最多得点記録を持つ、日本代表FW岡崎慎司。

 「一生ダイビングヘッド」を信条として泥臭く頭からゴールに突っ込んでいく、見る者の胸を打つプレースタイルと、人懐っこい笑顔の奥にある様々な思いを知れば、今まで彼のことをよく知らなかった人も、ワールドカップでの活躍に俄然期待を高めることでしょう。

山本明広
BOOKアマノ有玉店 副店長
BOOKアマノは静岡県浜松市に本部を設ける株式会社アマノの書籍・文具部門。サッカー王国・静岡の書店員として、待ってましたとばかりにこの企画に飛びつかせていただきました。浜松市東区、遠州鉄道積志駅徒歩10分ほどにあるBOOKアマノ有玉店ではワールドカップ本特設コーナーを作って関連本を展開しております。BOOKアマノの詳細はこちらから