2014.04.19

“魔法使い”の素顔…華麗なテクニックで観客を魅了するカソルラがファンの質問に答える

[ワールドサッカーキング1405号掲載]

エジルの獲得はアーセナルの選手でさえ驚いたのか? ヴェンゲルはどのような監督なのか? ピッチ上では華麗なテクニックで観客を魅了する小さな“魔法使い”が、屈託のない笑顔を見せながら、ファンの質問に快く答えてくれた。
Wigan Athletic v Arsenal - FA Cup Semi-Final
インタビュー=アンドリュー・マレー Interview by Andrew MURRAY
写真=ゲッティ イメージズ Photo by Getty Images

常に点を取る意識を見せることが必要

――今年こそアーセナルはタイトルを取ってくれるよね? もう待ちくたびれたよ!
ジェイムズ・マリガン(Eメール)

カソルラ アーセナルのファンには長い間、我慢してもらっている。だから今シーズンは絶対にタイトルを獲得しなきゃいけない。クラブのみんなが同じ気持ちでいる。チームは昨シーズン後半から好調を維持してきたし、昨夏にはメズート・エジルという最高の補強もした。明らかにチーム力は上がっているよ。僕らにはチェルシーやマンチェスターの2クラブと肩を並べるだけの力がある。長い間タイトルから遠ざかっていて、それが当たり前という風潮があった。でも、昨シーズンの悔しさがその気持ちを変えたんだ。今はチームの結束が強まって、ハングリー精神を持って戦えている。選手のメンタリティーが変わったことが、絶対にいい結果につながるはずさ。今こそみんなのために、タイトルを獲得したいね。

――リーグ開幕戦ではアストン・ヴィラに大敗してしまった。そこからチームが立ち直った理由は何だったの?
ディオン・ランスランド(Facebook)

カソルラ あの敗戦は本当に堪えたよ。ホーム開幕戦はサポーターが「今年のチームがどうなのかな」って期待に胸を膨らませて見に来る試合だ。その試合に負けたのはつらかった。ドレッシングルームで長い時間、試合の反省点について話し合ったよ。ライバルたちに「開幕戦の姿がアーセナルの実力」だと思わせてはいけないってみんなで強く誓った。それからの練習には一層力が入ったし、その結果はご覧のとおりさ。

――レアル・マドリーがエジルを手放したことに驚きました。アーセナルの選手たちもみんな驚いていたのでは?
ジャスティン・ハリス(Twitter)

カソルラ そりゃあみんな驚いたさ! レアルの選手もかなり驚いていたよね(笑)。若くてクオリティーのあるメズートのような選手が、レアルを去るなんて誰も想像できないよ。実は彼の移籍が決まる直前、スペイン代表の合宿でレアルの選手たちと一緒にいた。「メズートがアーセナルに行きたがっている」というのをアルバロ(アルベロア)から聞いたんだ。そんなことを教えてくれるなんて、本当にいい奴だろ(笑)。アルバロとはホテルで同室だったんだけど、「エジルに来てほしい!」って叫んだよ。とにかく、レアルが彼を手放したなんて、今でも信じられない。メズートと一緒にプレーするのは本当に楽しいよ。

――プレミアリーグに来て2年目だけどもう馴れた? リーガ・エスパニョーラと比べると何が違うのかな?
ベッキー・リプトン(Eメール)

カソルラ プレミアリーグはフィジカル面がすごく厳しいけど、僕は同時にそれを楽しんでもいる。もちろんリーガも素晴らしいリーグだ。イングランドよりもテクニックの引き出しが深いし、戦術のバリエーションも豊富だよ。だけど、11人で自陣を固めて全く攻撃しないチームもある。イングランドのファンはそんな試合を許さないだろ? プレミアでは常に点を取る意識を見せることが必要なんだ。だからファンは観戦していて面白いはずだし、プレーする僕らも面白いんだ。

今シーズンのアーセナルについて語ったカソルラが、指揮官のアーセン・ヴェンゲル監督やイングランドとスペインの文化の違いに言及。インタビューの続きは、発売中のワールドサッカーキング1405号でチェック!