2016.02.12

FC東京完全密着ドキュメンタリー映画『BAILE TOKYO』が公開に

サッカー総合情報サイト

B1_BAILETOKYO_poster_final

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフが9日に東京スタジアムで行われ、チョンブリFC(タイ)に9-0の大勝を収めたFC東京は、4年ぶりとなる本戦出場を決めた。

 城福浩監督の下、2016年シーズン初となる公式戦で最高のスタートを切ったFC東京の激動の2015年シーズンを追ったドキュメンタリー映画『BAILE TOKYO』が、13日からTOHOシネマズ府中で先行公開される(※新宿バルト9他は20日より公開)。

 2015年シーズンをほぼ毎日のように完全密着し、撮影された映像は1500時間におよぶ。

 選手、クラブ、ファン・サポーターが共に戦ったシーズンを、選手のインタビューを織り交ぜながら振り返る本作は、試合や練習の風景だけでなく、選手や一部のスタッフしか足を踏み入れることができないロッカールームでの様子も収録されている。

「結果がすべて」とも言える厳しい世界で、様々な思いを胸にシーズンを戦い抜くその姿は、FC東京のファン・サポーターはもちろん、多くのサッカーファンの心を揺さぶることだろう。

■『BAILE TOKYO』公式サイト
http://baile-tokyo.jp/