2015.10.31

本田プロデュースの「SOLTILO」がジュニアユースの第1回セレクションを開催…それぞれの夢を胸に12人の子供が参加

サッカー総合情報サイト

 2016年4月から活動を開始する「SOLTILO FC ジュニアユース」の第1回目のセレクションが、10月31日(土)10時から12時に千葉県の了徳寺スポーツパークで開催。東京や千葉から12人の子供が参加した。

 セレクションの始めに、SOLTILO FCのスタッフは「いつも本田圭佑が聞くことを、今日みなさんにも聞いてみたいと思います」と切り出した。

「みなさんの夢は何ですか?」

 参加した子どもたちは少し恥ずかしそうにしながら「Jリーグでプレーしたい」、「日本代表になるためにハリルホジッチ監督にアピールしたい」、「レアル・マドリードでプレーしたい」、「ネイマールみたいになるためにブラジルでプレーしたい」とそれぞれの“夢”を語った。

 SOLTILO FCは技術はもちろん「夢」や「自分の想い」をしっかり言葉できる選手を育てたいとの考えのもと指導を実施している。セレクションでは、シャトルランやロングキックの後にミニゲームが行われ、参加した子どもたちは短い時間の中でミスを恐れずにしっかりとアピールした。

 セレクションは今後、11月3日(火・祝)と11月7日(土)の2回開催。了徳寺スポーツパークで開催予定で、既に合計で50人以上が参加予定となっている。申し込みは、11月5日まで。

 3回のセレクションが終わった後、11月9日(月)に合否が決定。セレクションの様子は、全てビデオ撮影され本田圭佑に送られる。通過者は11月23日(月・祝)の最終セレクションに進出。最終セレクションには、SOLTILO FCスーパーバイザーを務める秋田豊氏も参加予定となっている。