2015.08.12

明治安田生命がJリーグ女子が集う会「JJ倶楽部」を発足

 Jリーグのタイトルスポンサーを務める明治安田生命は、個人の果敢な挑戦とチーム力の発揮を後押しする企業風土の構築を目的とした「感動実現プロジェクト」を、各組織で積極的・主体的に取り組む「MoT運動」を中心に推進している。

 明治安田生命は、全国47都道府県に営業拠点を構え、「全員がサポーター」を合言葉に、各地域のサポーターとJリーグ、Jクラブなどを応援。さらなる地域社会の活性化や子どもの健全育成を推進している。

 二つの取り組みの一環として、明治安田生命の企画部は「サッカーのルールがよくわからない」、「興味はあるがスタジアム観戦にためらいがある」などの女性従業員の声を踏まえ、女性Jリーグファンの増加、女性視点からのJリーグの盛り上げなどを計画。2015年4月にJリーグ女子が集う会「JJ倶楽部」を発足している。

 8月1日時点で、約140人のメンバーが登録。Jクラブ・地域のサポーターの人とともに、Jリーグ全体を盛り上げる活動を展開していくという。

「JJ倶楽部」の概要

○これまでの取組み
[1]「知ろう」
・「JJ倶楽部勉強会」の開催
JリーグやJクラブの関係者に、初心者にも踏み込みやすい視点で講義いただき、ルールや基礎知識を習得。また、女性がJリーグに親しみやすいよう、独自の「推しメン選手権」を開催

[2]「楽しもう」
・スタジアム観戦を実施し臨場感を体験(7月までに10回)。地域のサポーターから応援指導等を受けるなど、サポーターとの親交を深めることも実現
・Jクラブの厚意により、VIPルームや選手インタビュールームの見学、ピッチへの立ち入りを実現

[3]「拡げよう」
・社内SNSを活用し、全国の女性従業員との情報交換を実施
・JJ倶楽部員の家族・友人等を試合観戦に誘い、新たな女性ファン獲得に貢献

○今後の取組み(予定)
・Jクラブや地域のサポーターと、女性ファンの増加や女性視点からのJリーグ盛り上げ策を検討する意見交換会を実施
・当意見交換会を通じて、「選手とのふれあい会やスタジアム見学」「選手やJクラブスタッフによる講義やサッカー講習会」等を企画予定