ATTENTION
2013.11.01

サッカー好き30代男の生活の中にあるバーコードフットボーラー:第二回

サッカー好き30代男の生活の中にあるバーコードフットボーラー:第二回

第二回「サラリーマン生活の中のバーコードフットボーラー」



最近のわがチーム。イケメンの右SB内山くんの加入が頼もしい

 ゴトンゴトンゴトン。ポチッポチッポチッ。

 揺れる車内と圧迫感。繰り返されるいつもの通勤時間。最近その日常に変化があったとすれば、私の手にはスマホが握られていて、バーコードフットボーラーの世界にトリップしているということだろうか。

 私は学生ではなく、サラリーマンだ。一日に7時間も8時間もゲームに時間を割くのは不可能である。やりたければ移動時間を利用して遊ぶしかあるまい。満員電車で携帯ゲーム機を開くのは困難を極めるが、スマホならば片手で遊べる。アクションゲームとなると難しいだろうけれど、幸いにもこのゲームは厳しい操作能力を要求されたりはしない。ラクである。このゲームには「スタミナ」的な要素があって、練習するにも試合をするにも少しずつ消耗していく仕組みだ。その数値は時間の経過とともに回復していくので、逆に言うと、ロングにゲームをしない、空き時間に少しずつやるという忙しいサラリーマンのスタイルにはよく合っていると思う。


慣れれば、高得点を出すのは容易な個人練習。だが満員電車ではハードタスクだ

 そんなゲームにあって唯一、アクション性を要求されるのは「個人練習」だろう。飛んでくる球をタイミング良くゴールへ叩き込むシンプルなゲームである。これを満員電車でこなすのは困難だ。ただ、最近気付いたのだが、逆にランダム性が高くなって面白いとも言える。隣のおっさんの肘鉄をしのぎ、隣のおばさんの巨大で何か硬いものが入っているカバンによる圧迫に耐えながら、ボールをゴールへ叩き込むのだ。これで満点を取ると、謎の爽快感があるので、ぜひ試してもらいたい。


徐々に増えていくフレンドとともに広がっていく世界。地味に嬉しい


ノーコストのフレンドポイントガチャだが、強力な選手も出てくるぞ

 このゲームを特徴付ける要素として「フレンド」というのもある。どこの誰とも分からぬ人と「フレンド」になれるし、もちろん現実の友達や家族とも「フレンド」になることができる。ゲームの“先輩”であれば、頼れる助っ人を移籍させてくれたりするかもしれない。フレンドリーマッチも実施できる。挨拶するだけで「フレンドポイント」というポイントがたまり、これで「フレンドポイントガチャ」を引くことも可能だ。ちなみに「フレンドポイントガチャ」は1日1回、ノーコストで引くこともできる。結構強い選手も引ける。――おお、頼れるGKが来た。


俺の部屋ベストイレブンに参加した精鋭(?)たち

 フレンドと遊ぶという意味では、バーコードを生かすという手もあるだろう。試しに「俺の部屋ベストイレブン」を組んでみた。ティッシュペーパー、ウーロン茶、冷えピタ、カードホルダー、PCゲーム、ペンケースまでを総動員。G、GKがいないが、仕方ない。フレンドとバーコードイレブンを組み合って対戦するといった遊び方もできるはずだが、ここはフレンドの中で同じ初心者の匂いがする「ユカえもん」にフレンドリーマッチを挑んでみた。その結果は――。


適当に作っただけあって、FW過多でバランスも悪い。大丈夫だろうか。


なんだよ、パッカくんって。こりゃいけるだろ。


0-4…。もう少しやれると思ったのだが、「ユカえもん」は意外に強かった。

編集・構成/川端暁彦

30代男サラリーマンBFB開始記念! フレンドポイント2,000ptプレゼント!

シリアルID:「2763890187472895」

◆特典入手方法
バーコードフットボーラーゲーム内 > 設定 > シリアルID > 『「サッカーキング」フレンドポイントプレゼント』を選択し、 上記シリアルIDを入力 > プレゼントにフレンドポイント2,000ptが届きます。
※1IDにつき1回のみ入力可能です。
キャンペーン期間:2013年10月25日(金)12:00~2013年12月2日(月)11:59

第一回「31歳サラリーマン バーコードフットボーラーを始める」

並行連載の「BFB PR担当ゆかり」のブログにもバーコードフットボーラー情報が掲載されています。

♡ゆかりのBFBライフ♡

 

サイト人気記事ランキング