FOLLOW US

法政大、3連敗で4位後退 ディサロ燦シルヴァーノがゴールも反撃及ばず流経大に敗戦

3連敗を喫し厳しい表情の法大イレブン [写真]=赤染徳光(スポーツ法政)

文=下田朝陽(スポーツ法政)

 この試合が行われる前日、慶應義塾大学を破った首位明治大学の関東大学リーグ優勝が決定。この時点で目標としていた「リーグ戦優勝」の可能性はついえた。連敗中の法政大学は流経大学を叩き、再浮上のきっかけをつかみたいところだ。

 法政大は前線からプレスをかける積極的な入り。ただ、奪った後の細かいパスのズレやトラップミスが多く、さらに球際でも競り負けるシーンが目立ち、試合の主導権を握れない。それに対し、1トップのジャーメイン良のポストプレーを起点に2列目のスピードを生かした攻撃を展開する流経大。彼らへの対応が徐々に後手に回り、ファイナルサードでのファウルが相次ぐ。FKとCKが2本バーに直撃するなど、流経大のセットプレーを水際で耐えていた法政大だったが29分、FKから大外の守田英正に折り返されると、走り込んできた渡邉新太に決められ、先制を許す。さらにそのわずか6分後、ロングボール1本でジャーメインに抜け出されると、ペナルティーエリア内で林翔太が倒していまいPKを献上。これを左隅に決められ、35分で2点のビハインドに。1失点目の直後に円陣を組み、気持ちを切り替えようとしていただけに非常に痛い失点となった。41分に黒崎隼人を投入するなど、早めにメスを入れた長山一也監督だったが、好機はほとんど作れずに前半を折り返す。

 いきなりディサロ燦シルヴァーノが絶好機を迎えるなど、攻めるしかないチームは後半開始とともに攻勢に出る。そして56分、サイドチェンジからセンターバックの山田将之が持ち上がると、相手DFのギャップにうまく走り込んだディサロにスルーパス。これを冷静に決めて1点差に。その後も得点の勢いそのままに、前線でフリーランニングを繰り返すディサロにボールを集める。62分には黒柳駿、72分には川崎雅哉が、それぞれ絶妙なクロスを送るも、相手GKの好セーブもあって得点できない。チャンスを決めきれずにいると、徐々に攻撃が停滞。最後の局面でのアイデアに欠け、ボランチの黒柳や下澤悠太がペナルティーエリア付近でパスコースを探す場面が増え始める。ベンチも65分に鈴木歩、75分に玉田晃太郎と攻撃のカードすべてをつぎ込んだが、引くのではなく出所を潰しに来た流経大のスタイルに、攻撃のスイッチとなる縦パスが入らない。終盤は試合を完全にコントロールされ、敵陣にさえ入り込めない時間が続いた。アディショナルタイムには山田を前線に上げるなど手は尽くしたが、スコアを戻すことはできず。無念のタイムアップが告げられ、厳しい3連敗となった。

 これで2試合連続して降格圏に沈んでいたチームに敗れることとなった。優勝という大きな目標を失い4位に転落した現状だが、下のチームとの勝ち点差も詰まってきている。来週は勝ち点4差で6位につける慶應大戦、再来週は勝ち点2差で上をいく3位筑波大と直接対決が続く。その後も優勝を決めた明治大、最終節は5位の順天堂大学と、今後は順位に直結するカードばかり。「強豪」と言われるチームとの対戦を控え、真の意味での「強さ」が試される局面を迎えた。ここからが今季の法政大の集大成。一つでも多くの勝利を応援してくれる方々に届け、インカレ出場権を手にすることができるか。

選手、監督のコメントは、スポーツ法政新聞会HP(http://sports-hosei.net/)をご覧ください!

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO