2016.05.30

山田将之が終了間際に逆転弾…法政大、流経大を下し首位追走

同点ゴールを決めた法政大MF武藤友樹(左) [写真]=森川優也(スポーツ法政)
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

「やられたらやり返す」。JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦1部 第8節の日本体育大学戦、終盤の2失点でまさかの逆転負けを喫し、明治大学に首位の座を譲った法政大学は第9節で流通経済大学と対戦。首位に返り咲くため、法政大はこれ以上黒星を重ねたくないところ。対する流通経済大は11位ながら、法政大との勝ち点差はわずかに「3」。この試合で勝利してジャンプアップしたいところだ。

 5月とは思えない暑さの中で行われた一戦は、開始直後から動く。2分、ジャーメイン良のスルーパスに抜けだした渡邉新太が、GKとの一対一を落ち着いて決め、流通経済大が先制する。早く追いつきたい法政大は、左サイドの永戸勝也を起点にチャンスをうかがう。すると24分、ディサロ燦シルヴァーノのパスを右サイドで受けた武藤友樹が中へ切り込み、角度のないところからシュート。これがゴールに突き刺さり、試合を振り出しに戻す。この勢いで逆転したい法政大は、永戸の左CKを柳沢拓希が頭でつなぎ、最後は青柳燎汰がシュートを放つものの、GKの好セーブに阻まれる。追いつかれた流通経済大も、1トップのジャーメインが起点となり、右サイドの渡邉らがチャンスを作るも得点には結びつかず、前半を1-1で終える。

 迎えた後半、選手たちに疲れが見え始めると、法政大のベンチが動く。52分、ディサロに代わって1年生の松澤彰を投入。この日がデビュー戦の松澤は、高さを生かし最前線の競り合いで強さを見せる。しかし、セカンドボールを奪われる法政大は、なかなか決定機を作り出せない。流通経済大も左サイドバックの小池裕太がオーバーラップなどで攻守にわたりピッチを駆け回るものの、エリア内まで持ち込むことができず、拮抗した時間帯が続く。なんとしても勝点3が欲しい法政大は、最後の切り札として紺野和也をピッチへ。ドリブル突破が持ち味の32番は、中盤でのボールキープで攻撃陣に余裕を持たせる。86分には、約25メートルの位置でFKを与えるが、小池が直接狙ったボールはゴール上に。このピンチをしのいだ法政大は、紺野の浮き球のパスを受けた松澤がボレーシュートを放つが、相手DFに阻まれCKを獲得。そして89分、長倉颯の右CKに合わせた山田将之のヘディングシュートは、GKが触るもゴールへと吸い込まれる値千金の決勝弾。終盤の劇的なゴールで逆転勝利を収めた。

 今季は先制点を奪い、そのまま逃げ切るパターンが多かった法政大だが、今節では開始早々に失点し、追いかける展開となった。しかし、永戸のいる左サイドだけでなく、右サイドからのチャンスメイクも多く見られ、結果として逆転勝利したことは、今後の自信になるだろう。また、セットプレーやクロスによる攻撃を得意とする法政大にとって、ルーキーの松澤は頼もしい存在になりそうだ。一方で、ロングパスのセカンドボールを拾えない場面が多く、相手に支配される時間帯が長くなった。前期も残り2試合、ひとつでも上位で折り返すためには、自分たちでボールを保持しゲームを作ることが求められるだろう。

文=小島雄太(スポーツ法政)

選手、監督のコメントは、スポーツ法政新聞会HP(http://sports-hosei.net/)をご覧ください!

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る