2015.10.26

【大学サッカー/注目選手】積極的にサイドを切り裂く若きアタッカー、MF相馬勇紀が早稲田大の勝利を呼びこむ

文・写真=酒井伸

 JR東日本カップ2015第89回関東大学サッカーリーグ戦第19節、首位の慶應義塾大学と同勝ち点で2位につける早稲田大学が激突した。

 66分に慶應大にゴールを許し、同点となった直後に早稲田大のベンチが動く。68分、メンバー唯一の1年生ルーキー、MF相馬勇紀を投入。「チームが攻守で楽になるように心がけた。今日は絶対に勝ち点3が欲しかったので、ドリブルや積極的なプレーを意識した」と、強い気持ちでピッチに立った。

 言葉どおり何度も右サイドを切り裂き、「自分を信じて入ってきてくれる」という2トップ(宮本拓弥、山内寛史)を目がけてクロスを上げ続け、時にはロングスローでもチャンスを作り、相手の脅威となった。そして、83分に右サイドからの一連の流れで山内の決勝点が生まれた。

「今日は特別な意識はせず、1位2位の攻防戦という意識で臨んだ」と、相馬はこの日の早慶戦について語った。

 その相馬は高校時代、三菱養和SCユースに所属。DF池田樹雷人(現セレッソ大阪)、FWディサロ燦シルヴァーノ(法政大学)らとともに2014日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会で優勝するなど輝かしい実績を残した。その経験からか、伝統ある一戦に多くの観客が集まる中でも、気負うことなく、堂々とプレーしていた。

 しかし、大学入学当初はメンバー外の日々が続いた。第8節の慶應大戦で初めてベンチ入りすると、第12節専修大学戦の63分に関東大学リーグ戦初の出番が訪れた。その後は7試合連続で途中出場を果たし、試合終盤に流れを変える役割を求められた。

 慶應大戦では、同点弾を許した相手左サイドの同年代MF松木駿之介とマッチアップし、「彼はボールを持った時の怖さやヘディングの強さがある」と語った。青森山田高校出身の松木とは、高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグで対戦経験があり、そのため、特徴を熟知しており、守備でも松木を自由にさせなかった。

 残り3試合で単独首位に立ち、平成27年度第64回全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)出場を決めた早稲田大は、19年ぶりの関東リーグ優勝に向けても距離を縮めた。リーグ戦は2012年から3位、2位、4位とタイトルにあと一歩のところまでは来ていながら手中に収めることができなかった。そんな状況にも、相馬は力強く意気込みを語った。「残り3試合は戦い方が重要で、4位の国士舘大学との直接対決も残っている。負けないことが大事。全員で戦う早稲田の強みを活かしてやっていきたい」

 総得点が22でリーグワースト2位に沈むが、勝負強さを備える早稲田大。リーグ戦前期では、5勝2分4敗で10得点しか挙げられなかった。しかし、相馬が試合に出場するようになった後期は、8試合を終えて6勝1分1敗で12得点と好調ぶりを発揮している。若きアタッカーが攻守を活性化することで、勝負強さに磨きがかかったと言えそうだ。限られた時間の中でピッチを駆け回り続ける相馬が早稲田大の勝利を呼びこんでいる。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
82pt
長崎
77pt
福岡
73pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
57pt
秋田
55pt
沼津
54pt
Jリーグ順位をもっと見る