2015.08.14

関西学院が逆転勝利、明治大が関東対決を制す/総理大臣杯準決勝

8月14日、2015年度第39回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントの準決勝が行われた。

 ベスト4の中で唯一の関西チームである関西学院大学は、準々決勝で福岡大学に勝利した筑波大学と対戦。前半をスコアレスで折り返した後半、68分に筑波大のFW中野誠也にゴールを許すが、試合終了間際の88分にMF森俊介が同点弾を決める。さらに関西学院大は、ヴィッセル神戸に加入内定のMF小林成豪がアディショナルタイムに決勝点を奪い、2-1で逆転勝利を収めた。

 準決勝もう1試合では、明治大学と流通経済大学の関東チーム同士が激突。9分にDF鳥海晃司がゴールを決め、明治大が幸先よく先制する。その後は得点が動かず迎えた後半アディショナルタイムに、流通経済大のDF今津佑太が同点となるを決め、1-1で10分ハーフの延長戦に突入。延長戦でも決着がつかずに突入したPK戦では、明治大が5-3で勝利し、決勝進出を決めた。

 準決勝の試合結果は以下のとおり。なお、決勝は16日に行われる。

■総理大臣杯準決勝 試合結果
筑波大 1-2 関西学院大
明治大 1-1(PK5-3) 流経大

■総理大臣杯決勝対戦カード
8月16日開催
関西学院大 vs 明治大[金鳥スタ/18時キックオフ]

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
56pt
FC東京
56pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
72pt
山形
64pt
横浜FC
64pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
52pt
藤枝
50pt
群馬
49pt
Jリーグ順位をもっと見る

高校・大学&ジュニアランキング

取得できませんでした