2016.01.08

第76回大会、本山雅志率いる東福岡が選手権初優勝…東福岡高校出身の主なプロサッカー選手

 1月5日に行われた第94回全国高校サッカー選手権大会準々決勝で駒澤大学高校に勝利し、準決勝へ進出した東福岡高校。同校はこれまで、日本代表のDF長友佑都(インテル・ミラノ)や元日本代表のMF本山雅志(ギラヴァンツ北九州)など数多くのプロサッカー選手を輩出してきた。まだ記憶に新しい、昨年の選手権で活躍したMF増山朝陽(ヴィッセル神戸)、MF中島賢星(横浜F・マリノス)も同校の卒業生である。

 本山は1年時からレギュラーとして活躍。3年時に出場した第76回大会で東福岡は2回戦から出場し、情報科学高校と対戦した。勝利した東福岡は3回戦で国見高校、準々決勝で逗葉高校、準決勝では丸岡高校に勝利を挙げ、決勝へ進出。

 決勝では、のちに鹿島アントラーズでチームメイトとなるDF中田浩二を擁する帝京高校と対戦。『雪の決勝』と呼ばれたこの試合に東福岡は2-1で勝利し、初優勝を飾った。さらにこの年、東福岡は全国高校総合体育大会(インターハイ)、高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会でも優勝しており、公式戦52試合無敗で史上初の高校3冠を達成した。

 鹿島入団後、ルーキーイヤーのリーグ戦出場は1試合にとどまったものの、天皇杯には4試合に出場して3得点を記録するなどの活躍を見せた。

 今夏のインターハイ優勝校である東福岡が目指すのは夏冬連覇。1月9日に行なわれる準決勝では昨年度選手権優勝校の星稜高校と対戦する。

 東福岡高校出身の主な現役サッカー選手は以下のとおり。()は現所属チーム。

本山雅志(ギラヴァンツ北九州)
金古聖司(アーントーンFC)
長友佑都(インテル・ミラノ)
近藤徹志(ファジアーノ岡山)
池元友樹(ギラヴァンツ北九州)
井上翔太(ギラヴァンツ北九州)
大西容平(カターレ富山)
山形辰徳(栃木SC)
衛藤裕(カターレ富山)
木本敬介(カターレ富山)
足立高俊(栃木ウーヴァFC)
井手口正昭(ホアンアイン・ザライFC)
坂井達弥(サガン鳥栖)
悦田嘉彦(ホンダロックSC)
市川稔(栃木ウーヴァFC)
串間雄峰(ホンダロックSC)
篠原弘次郎(ファジアーノ岡山)
増山朝陽(ヴィッセル神戸)
中島賢星(横浜F・マリノス)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る