2015.11.25

大宮アルディージャ、ユース所属の黒川淳史ら4選手のトップ昇格を発表

 大宮アルディージャは11月24日、ユース所属のGK加藤有輝、MF黒川淳史、FW藤沼拓夢、FW川田拳登の4選手のトップチーム昇格が内定したことを発表した。

 Uー16、U-18日本代表選出経験もある加藤は「小さいころからの夢だったプロサッカー選手に、この大宮アルディージャでなれたことをとても誇りに思います。僕が初めてGKというポジションをやったのは小学生のときで、NACK5スタジアム大宮での柏レイソル戦の前座試合でした。すべての人に感謝し、謙虚さとひたむきさを忘れずにプレーしたいと思います」とコメント。

 ジュニアチームから大宮の育成組織でプレーしている川田は「大宮を愛する気持ちは誰にも負けません。このクラブでプロとしてサッカーができる喜びを感じつつ、謙虚さを忘れずに日々精進していきます」と、チーム愛を口にした。

 黒川は Uー15日本代表から各世代別の代表を経験。「少しでも早くNACK5スタジアム大宮のピッチで勝利に貢献できるよう、より一層の努力をします。また、今までサッカーを通じて関わってきた方々や、辛いときに支えてくれた家族・仲間・友人への感謝の気持ちを忘れず、これからも頑張っていきます」と、感謝の気持ちを口にした。

 25日現在、高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プレミアリーグEASTでチーム2位の4ゴールを挙げている藤沼は「ここはあくまで通過点であり、僕の夢はまだかなったわけではないので、現状に満足することなく、さらなる高みを目指して日々努力していきたいと思います」と今後に向けて意気込んだ。

 大宮ユースは7月に開催された第39回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会で準優勝、所属するプレミアリーグEASTでは4位に位置している(25日現在)。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る