2015.09.12

第1回大会は清水JYの市川大祐…家長昭博や齋藤学など過去の最優秀選手/メニコンカップ

 9月13日、パロマ瑞穂ラグビー場にてメニコンカップ2015日本クラブユースサッカー東西対抗戦(U-15)が行われる。

 メニコンカップは、「第30回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」および「JCYインターシティカップ(U-15)EAST」、「JCYインターシティカップ(U-15)WEST」に出場した選手からメンバーを選考し、所属クラブの所在地により東西に分かれて対戦する。

 これまで、浦和レッズの槙野智章やガンバ大阪の宇佐美貴史をはじめ、多くの日本代表選手が出場した同大会。過去の出場選手のうち、現在はJリーグで123人、海外クラブで8人の選手が活躍している。また、毎年、最優秀選手と敢闘賞が選出されており、1995年の第1回大会では市川大祐(清水エスパルスジュニアユース/現FC今治)が最優秀選手賞を獲得。第7回大会では家長昭博(ガンバ大阪ジュニアユース/現大宮アルディージャ)、第11回大会では齋藤学(横浜F・マリノスジュニアユース/現横浜FM)といった、現在はプロで活躍する選手たちが同賞を獲得している。

 メニコンカップの過去の最優秀選手と敢闘賞受賞選手は以下のとおり(所属は当時)

1995年  第1回大会 最優秀選手:市川大祐(清水エスパルスジュニアユース)
敢闘賞:長沼良太(横浜マリノスジュニアユース)、中村元(交野FC)

1996年  第2回大会 最優秀選手:阿部勇樹(ジェフユナイテッド市原ジュニアユース)
敢闘賞:塙豊満(柏レイソルジュニアユース)、森一紘(ヴィッセル神戸ジュニアユース)

1997年  第3回大会 最優秀選手:鈴木隼人(清水エスパルスジュニアユース)
敢闘賞:金子勇樹(横浜マリノスジュニアユース)、佐野裕也(清水エスパルスジュニアユース)

1998年  第4回大会 最優秀選手:深沢良輔(清水エスパルスジュニアユース)
敢闘賞:浅野大地(ガンバ大阪ジュニアユース)、山岸智(ジェフユナイテッド市原ジュニアユース)

1999年  第5回大会 最優秀選手:大沢朋也(三菱養和)
敢闘賞:高沢尚利(浦和レッズジュニアユース)、小川久範(アビスパ福岡U-15)

2000年  第6回大会 最優秀選手:菅沼実(柏レイソルユース)
敢闘賞:江口正輝(門真スポーツクラブ)

2001年  第7回大会 最優秀選手:家長昭博(ガンバ大阪ジュニアユース)
敢闘賞:青山直晃(スポーツクラブ岐阜VAMOS)、山本拓弥(鹿島アントラーズジュニアユース)

2002年  第8回大会 最優秀選手:中台晶大(柏レイソルユース)
敢闘賞:弦巻健人(ヴェルディジュニアユース)、安田理大(ガンバ大阪ジュニアユース)

2003年  第9回大会 最優秀選手:小谷野顕治(鹿島アントラーズFCジュニアユース)
敢闘賞:伊藤大地(ジュビロサッカースクール沼津)、中野遼太郎(FC東京U-15)

2004年  第10回大会 最優秀選手:原田開(ヤマハジュビロ掛川)
敢闘賞:岡田翔太(柏レイソルユースU-15)、安田晃大(ガンバ大阪ジュニアユース)

2005年  第11回大会 最優秀選手:斉藤学(横浜F・マリノスジュニアユース)
敢闘賞:山田直輝(浦和レッドダイヤモンズジュニアユース)、端戸仁(横浜F・マリノスジュニアユース)

2006年  第12回大会 最優秀選手:小野悠斗(横浜F・マリノスジュニアユース追浜)
敢闘賞:泉沢仁(柏レイソルユースU-15)、宇佐美貴史(ガンバ大阪ジュニアユース)

2007年  第13回大会 最優秀選手:望月聖矢(ガンバ大阪ジュニアユース)
敢闘賞:小林祐希(東京ヴェルディ1969ジュニアユース)、原口拓人(ガンバ大阪ジュニアユース)

2008年  第14回大会 最優秀選手:梶野勇太(鹿島アントラーズジュニアユース)
敢闘賞:柏瀬暁(フッチSC)

2009年  第15回大会 最優秀選手:木下康介(横浜FCジュニアユース)
敢闘賞:宇佐見康介(横浜F・マリノスジュニアユース)、石毛秀樹(清水エスパルスジュニアユース)

2010年  第16回大会 最優秀選手:石川大貴(名古屋グランパスU15)
敢闘賞:川上盛司(鹿島アントラーズジュニアユース)、北川航也(清水エスパルスジュニアユース)

2011年  第17回大会 最優秀選手:井手口陽介(ガンバ大阪ジュニアユース)
敢闘賞:山崎拓海(ガンバ大阪ジュニアユース)、望月大(清水エスパルスジュニアユース)

2012年  第18回大会 最優秀選手:市丸瑞希(ガンバ大阪ジュニアユース)
敢闘賞:山崎海秀(柏レイソルU-15)、加藤大智(名古屋グランパスU15)

2013年  第19回大会 最優秀選手:佐多秀哉(横浜F・マリノスジュニアユース)
敢闘賞:関海斗(横浜F・マリノスジュニアユース)、堂安律(ガンバ大阪ジュニアユース)

2014年  第20回大会 最優秀選手:川村拓夢(サンフレッチェ広島F.Cジュニアユース)
敢闘賞:金亮哉(名古屋グランパスU15)、シマブクカズヨシ(浦和レッズジュニアユース)

※選手名、チーム名の表記は大会公式サイト合わせ

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る