2015.07.01

昨年度は鹿島JYが優勝…U-15クラブユース選手権、8月3日に開幕

 8月3日に第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会が開幕する。現在、各地域で予選大会が行われている最中だが、ここで昨年の同大会を振り返る。

 2014年8月15日から24日にかけて開催された2014年大会で決勝に進出したのは、鹿島アントラーズジュニアユースと清水エスパルスジュニアユースだった。

 グループリーグを3連勝で首位通過した鹿島は、決勝トーナメント1回戦でセレッソ大阪 U-15に2-0で快勝すると、FC多摩ジュニアユース、栃木SCジュニアユースを次々と破り、準決勝では名古屋グランパスU15に1-0で完封勝利。接戦をものにし、決勝へと駒を進めた。

 一方の清水もグループリーグを全勝で突破。決勝トーナメントではガンバ大阪堺ジュニアユース、浦和レッズジュニアユースを撃破し、準々決勝のコンサドーレ札幌U-15戦では、2点ビハインドから同点に持ち込み、最後はPK戦で勝ちあがった。準決勝のサンフレッチェ広島F.Cジュニアユース戦も延長戦までもつれたが、最後は4-3で勝利し、決勝に進んだ。

 初優勝のかかった鹿島と、最多優勝に並ぶ6度目の大会制覇を狙う清水による決勝戦。試合は、開始直後の4分に鹿島のMF荻沼翼がゴールを決めて先制する。鹿島はわずか6分後の10分にもMF飯塚寿輝也が追加点を挙げ、2点リードして前半を折り返した。後半は清水がPKを決めて1点返したが、そのまま試合終了。2ー1で鹿島が清水を下し、初優勝を飾った。

 今年度も昨年と同様に全国9地域の代表48チームが出場し、中学年代のクラブユース王者の座をかけ、真夏の北海道で躍動する。

 今年度の大会日程は以下のとおり。

■第30回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会
8月3日(月)グループステージ 第1日
8月4日(火)グループステージ 第2日
8月5日(水)グループステージ 第3日
8月7日(金)ラウンド32
8月8日(土)ラウンド16
8月9日(日)準々決勝
8月11日(火)準決勝
8月12日(水)決 勝

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
30pt
山形
28pt
甲府
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る