2018.01.04

「最後のほうには動きが止まる」と焦れずに待った前橋育英の頭脳的試合運び

前橋育英が後半ATの決勝点で8強へ [写真]=兼子愼一郎
楽しみながら、うまくなろう! 足ワザのことならストライカーDX

取材・文=川原宏樹(提供:ストライカーデラックス編集部)

 2回戦の東福岡戦とは違い、元々のベースとしていた5-3-2のシステムでこの試合に臨んだ富山第一は、スペースを与えない堅守で守り切り、攻撃は大竹将吾と坪井清志郎の2トップに託すようにロングボールを送り込んでいった。一方の前橋育英はショートパスを主体としてボールをポゼッションしつつも、長いボールでサイドチェンジをして数少ないスペースを狙っていった。

 強風のせいもあり、両者のロングボールはやや正確性を欠き、前後に走り合う時間が長く続いた。そんな中、前橋育英は相手のお株を奪うロングスローから何度かチャンスを作った。左サイドの渡邊泰基が投げるロングスローに対して時折ボールウオッチャーになってしまった富山第一だが、最後のところで体を張って防ぐ集中力は目を見張るものがあった。

 1点が勝敗を分ける緊迫した試合展開の中でも、前橋育英は焦れずに自分たちのスタイルを貫き、崩しどころを模索していった。うまく選手交代を使いながら富山第一ゴールに迫った前橋育英は、後半40分に決定的なチャンスを迎えた。しかし、またも体を投げ出して防がれてしまい誰もがPK方式での決着になることを覚悟していた。だが、最後の最後のプレーで飯島陸がこぼれ球をゴールへ押し込み前橋育英が先制をし、富山第一の堅守を破ってみせた。

「富山第一は(今大会)3試合目だから、おそらく最後のほうには動きが止まるから、それまでは0-0でもいいという話をしていました」と試合前から指示を出していた前橋育英の山田耕介監督。一方、富山第一の大塚一朗監督は「最後の最後で行けなかったところやボールを見失ってしまったところがありました。疲労がなければもっと集中してできていたのかなと思います」と厳しい日程で戦う中で、うまくコンディション調整できなかったことと、それに見合う戦略を立てられなかったことを悔やんでいた。

 とはいえ、富山第一に得点のチャンスはほぼなく、万全の状態で臨んでも勝てなかったかもしれない。監督も選手も2トップの才能に頼り切ってしまっていた感がある。一方で最後まで焦れずにあきらめずにゴールを狙い、80分で勝負を決めるつもりで挑んだ前橋育英。今回はポジティブに戦略を立てた前橋育英に軍配が上がった。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る