FOLLOW US

「壱晟さんと同じ流れで」選手権で活躍してプロへ…青森山田MF郷家友太、有言実行のゴール

郷家は初戦となった草津東戦で2ゴールを挙げた [写真]=梅月智史

「自分が決める」。連覇を目指す青森山田(青森)のエース・郷家友太(ヴィッセル神戸加入内定)は、有言実行の2ゴールで初戦突破に貢献した。

 2日に行われた第96回全国高校サッカー選手権大会2回戦の草津東(滋賀)戦。シードのため今試合が初戦となった青森山田は、多彩な攻撃で草津東ゴールに迫ったが、「初戦なので硬さがあって、山田のサッカーをするには時間がかかってしまった」(郷家)となかなか好機を生かせない。しかし37分、郷家が見せた。檀崎竜孔の左クロスをファーサイドでヘディングシュート。「ニアに(中村)駿太が入っていくのが見えて、DFもついていくと思ったので。ボールは見えなかったですけど反応できたのは良かった」。このゴールを皮切りに青森山田のゴールラッシュが幕を開ける。

 後半に入って48分、郷家が今度はペナルティーエリア内でこぼれ球を拾うと、DFに囲まれながらも左足を振り抜く。「スペースがなかったけど、打てば何か起きるかなと思った」というシュートはゴールネットの右隅を揺らした。その後、青森山田は3点を追加。5-0の大勝で連覇に向け好スタートを切った。

 昨年度と同じく初戦で2ゴールを挙げた郷家だが、今年度はゴールへの意欲もチームを背負う覚悟も違う。最上級生となっただけでなく、プロ内定者として見られるプレッシャー、そして歴代の名選手がつけてきた青森山田の10番の重みを感じながら、エースとしての役割を果たそうとしている。「10番は偉大な先輩がつけてきた番号なので、それに恥じないプレーや結果を残すことが求められていると思います。今日は試合前に『自分が点を決める』とみんなに言っていたので、それを実行できたのは良かったです」

 前10番の高橋壱晟(現ジェフユナイテッド千葉)は昨年度の選手権で5試合連続ゴールを挙げ、Jの舞台へと羽ばたいて行った。「壱晟さんは昨年結果を残して、すぐにJリーグの開幕戦でスタメンを取ったので、自分も同じ流れに乗りたいなと思っています。優勝を置き土産にして、良い流れでプロに行きたい」

 そのために、次戦で強烈なライバルとの直接対決が待ち構える。3回戦の相手は、セレッソ大阪内定の安藤瑞季を擁する長崎総科大附に決まった。「開会式でも少し話して、『当たりたいね』と言っていたのですごく楽しみです。やっぱり意識している存在ですし、安藤に点を決められないように、自分が決めたいと思います」

 強い個性でチームをけん引してくれた先輩たちはもういない。もう一度昨年と同じ景色を見るため、郷家は自分自身の力でチームを勝利に導く。

[写真]=梅月智史

■新スパイク「PUMA ONE J(プーマ ワン J)」が登場

タフなタックルをするディフェンダーから素早いストライカーまで、全てのプレーヤーのニーズに応えることができる究極のスパイクをコンセプトに開発されたのが「PUMA ONE」。この「PUMA ONE」の高校生プレーヤーが主にプレーする人工芝や硬い土のグラウンドにも対応したメイドインジャパンの日本人プレーヤー向けモデルが登場。ぜひ、スペシャルサイトとプーマ フットボール公式アカウントで「PUMA ONE J (プーマ ワン J)」をチェック!

『PUMA ONE J』スペシャルサイトへ
プーマ フットボール公式Instagramアカウントへ
プーマ フットボール公式Twitterアカウントへ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO