2017.12.30

【高校選手権展望】<京都橘>舵切ったスタイル 離脱した“要石”主将・河合のためにも 

写真一番手前、総体でキャプテンマークを巻いた河合航希 [写真]=川端暁彦
2013年までサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』で編集、記者を担当。現在はフリーランスとして活動中。

 京都橘と言えば、堅守速攻スタイルの印象が強いだろう。昨年ならFW岩崎悠人(京都サンガ)、その前には小屋松知哉(京都)という快足ストライカーを擁し、粘り強い守備から一撃必殺のカウンターを繰り出す形で各大会を席巻してきた。とはいえ、彼らのようなストライカーがいつもいるわけではない。

 今年の橘はポゼッションスタイルへと大きくチームの舵を切った。これまでも無視してきた要素では決してないのだが、試合になればエースの個性が生きる、より勝算の持てる戦い方を優先してきた。ただ、そうしたストライカーがいないのであれば、話は別。「ちょっと違うやり方をしないといけない」(米澤一成監督)ということだった。

 とはいえ、この変化はあくまで「選手の個性を生かす」という橘らしい考え方から得た結論だったのだと思う。テクニックに秀でるMF梅津凌岳と天性のバランサーであるMF篠永雄大の両ボランチ、そして何よりMFでもプレー可能な「サイドのゲームメーカー」左SB河合航希の個性を生かすという狙いは確実に成果をあげていた。ポゼッション時には中寄りへポジションを取る左SBからゲームを組み立てつつ、戦機を見極めて大胆に攻撃参加していく変幻自在のプレーぶりは高校サッカーでは珍しく、「橘にはフィリップ・ラームがおるぞ!」とワクワクさせてくれるものだった。

 だが、新スタイルのサッカーが完成に近づく中で悪夢のような出来事がチームを襲う。そのキーマンたる河合が選手権府予選を前に負傷で戦線離脱。選手権も絶望的な重傷で、橘は戦術的にも精神的にも要石と言うべき選手を失ってしまった。だが、そのことがかえってチームを強くした面もあったかもしれない。簡単に埋まる穴でないことは言うまでもないが、予選では1年生DF髙木大輝が大活躍を見せるなどチーム全体で補い、激戦の府予選を突破。選手権に向けてチームを整えてきた。

 伝統的に夏は弱めで、冬に真の強さを見せてきたチームでもある。今年は夏の高校総体でも8強まで進んだが、冬に狙うのはもちろん、頂点。河合を日本で一番のキャプテンにして、挑戦のシーズンを締めくくる。

取材・文=川端暁彦

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る