2017.12.28

【高校選手権展望】<星稜>止まった時計の針を動かす一年 冬に完成形を示す

2年ぶりに選手権へ帰ってくる星稜 [写真]=森田将義
育成年代を中心に取材を続けるサッカーライター

「長くサッカーをやっていれば、そういうこともある。負ける試合ではなかったので、俺のゲームプランが悪かったのかなと思う」。名将・河﨑護監督がそう振り返るように昨年は、選手権予選の決勝で鵬学園に敗れ、1999年から連続していた星稜の選手権出場は17大会でストップ。今年は帰還と、2度目の日本一を目指す一年がスタートした。

 しかし、一度止まった時計の針を再び動かすのは簡単ではない。「今年のチームは中盤の子が小さいので、ロングボールを蹴ってもなかなか難しい」(河﨑監督)ため、前線へのロングボールを合図に競り合ったこぼれ球を高い位置で回収し、2列目がゴール前に雪崩れ込む力強い星稜スタイルをうまく遂行できなかった。新チーム発足当初は、県外の強豪と対戦しても、白星が先行したため、足元へのボールを多用した今年ならではのスタイルへとモデルチェンジ。攻撃の要である10番のMF高岸憲伸(3年)や、「運動量があって、サッカーを知っている」と指揮官が評する158センチのMF麻生季人(2年)らを中心としたポゼッション主体の戦いで、6年連続となるインターハイ出場を掴んだ。

 初戦で、四国学院大香川西と対戦した全国では苦しみながらも、後半終了間際に奪った高岸のゴールで勝利。続く、2回戦の静岡学園には1-3で敗れたが、「選手権を逃がしたから、インターハイはどこが来ても緊張するんだろうけど、1回戦は何とか勝たせたい」という指揮官の目論見通り、正念場である選手権に向けて、貴重な経験を積めたのは収穫だ。主将のDF敷田唯(3年)も、「全国のレベルを知れたのは収穫」と口にする。

 いつもとは少し違う星稜らしさで、シーズンが進んできたが、変わらないカラーもある。河﨑監督が、「私自身の性格なんだろうね。11人で戦うことはまずない。昔の人ならではで、気が短い」と笑うように、様々な選手を起用することで生まれる競争力は健在で、今年もプリンスリーグ北信越だけでなく、インターハイ予選や選手権予選であっても、相手や選手の調子によって、スタメンが変わった。

 インターハイ以降は、ひと夏を超えて急成長した下級生が出場機会を伸ばし、競争が激化。選手権予選では、適任者が見つからなかった敷田のパートナーに、「しっかり跳ね返せる選手」と指揮官が信頼を寄せるDF小平大輔(2年)が台頭したほか、ルーキーのMF菊池将平も、気の利いたプレーと要所での活躍を披露した。下級生の成長とともに戦い方も変化し、負ければ終わりのトーナメントを勝ち抜くため、競り合いやハードワークを武器にした星稜らしさを徹底。DF松井渉太(3年)らのロングスローも交えた力強い試合運びで、2年ぶりの選手権出場を掴んだ。

 夏とは違った星稜らしさを見せたが、まだ完成形とは言えない。予選の準決勝を終えた後に、河﨑監督が「選手権予選に出られなかった3年生が、意地を見せてくれるはず」と口にしていたように、本番までに3年生が意地を見せ、競争が更に激化するだろう。戦いも、3年生のテクニックと下級生の高さやハードワークが相まって、多彩な戦いができるチームが理想だ。再び、選手権の舞台に舞い戻った星稜がどんな戦いを見せるのか、まずは初戦の戦いぶりに注目だ。

取材・文=森田将義

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る