2016.07.25

【インハイ注目校】優勝候補の市立船橋、経験豊富なメンバーと新戦力を擁して昨年の悔しさを晴らす

所属するプレミアリーグEASTでは、J育成組織を抑えて首位に立つ市立船橋 [写真]=川端暁彦
2013年までサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』で編集、記者を担当。現在はフリーランスとして活動中。

 7月27日に広島県で開幕する平成28年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(インターハイ)。予選を勝ち上がった55校の中から今大会の注目校を紹介する。

市立船橋高校(千葉県第2代表)

 昨年度は準優勝。PK戦の末に惜敗した決勝の先発メンバー11人中5人が新チームに残っており、さらにその後の第94回全国高校サッカー選手権大会で経験を積んだ選手もいる。チームとしての高いベースがある中で新シーズンに臨んできた。

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プレミアリーグEASTでは、Jクラブのユースチームを含めた強豪を抑えて前半戦を首位で折り返すことに成功。地力の高さを証明している。プロ入りが確実視される杉岡大暉と原輝綺の守備の2枚看板を核とした伝統の堅守、高宇洋が中心となる多彩な陣形を使い分ける中盤など、どこを切り取ってもハイレベルな集団に仕上がった。

 もっとも、朝岡隆蔵監督は口癖のように「まだまだ」と繰り返し、手綱をゆるめない。昨年のインターハイ決勝に先発していた太田貴也やU-17日本代表の杉山弾斗のような他校なら「当確」であろう選手にもメンバー落ちの可能性すら示唆し、激烈な競争にさらして成長を促してきた。

 加えて、「これほど来てくれるとは」と監督自身も驚いている1年生たちの充実ぶりも目を見張るものがある。インターハイ登録メンバーにも松尾勇佑、郡司篤也の2名が滑り込んできた。17名しか入れない狭き門だけに、経験を積ませるということではなく、純粋に戦力としての選考だ。

 千葉県予選決勝で宿敵の流通経済大柏高校に敗れ、今回のインターハイはノーシードで1回戦からの登場となった。だが、戦力的にも実績的にも、市立船橋が優勝候補の一角を占めることに疑いの余地はない。

文=川端暁彦

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る