2015.12.05

神戸弘陵学園が金光大阪との上位対決を制し、逆転優勝/プリンスリーグ関西第18節

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ関西の最終節となる第18節が、12月5日にJ-GREEN堺で行われた。

 関西大学第一高校(大阪)は、首位の近畿大学附属高校(大阪)と対戦した。近大附属は先制を許すも、20分と28分にMF佐藤京佑が得点を挙げ、1点をリードする。対する関西第一は前半アディショナルタイムに同点に追いつくと、64分にDF才木勇斗が逆転ゴールを奪う。関西第一はその後一旦同点に追いつかれるも、78分にMF中島遼馬が勝ち越しゴールを決め、4-3で打ち合いを制した。

 一方、近大附属と勝ち点差1で2位の神戸弘陵学園高校(兵庫)と、3位金光大阪高校(大阪)の上位同士の一戦は、前半をスコアレスで折り返す。後半でも互いになかなか得点を奪うことができず、このまま試合終了かと思われたアディショナルタイム、FW河田奨平が決勝ゴールを挙げ、神戸弘陵学園が1-0で勝利した。神戸弘陵は勝ち点で近大附属を上回り、最終節での優勝を決めた。

 今節でリーグ戦の全試合が終了し、1位の神戸弘陵学園が12月11、13日に行われる高円宮杯U-18サッカーリーグプレミアリーグ参入戦に出場する。

 第18節の結果と最終順位表は以下のとおり。

■プリンスリーグ関西第18節の結果
12月5日開催
東山(京都)0-0 大産大附属(大阪)
金光大阪(大阪)0-1 神戸弘陵学園(兵庫)
滝川第二(兵庫)0-1 大阪桐蔭(大阪)
阪南大高(大阪)5-2 初芝橋本(和歌山)
関西第一(大阪)4-3 近大附属(大阪)

■プリンスリーグ関西順位表
1位:神戸弘陵学園高校(勝ち点33/得失点差+8)
2位:近畿大学附属高校(勝ち点31/得失点差+6)
3位:金光大阪高校(勝ち点30/得失点差+6)
4位:阪南大学高校(勝ち点29/得失点差+12)
5位:関西大学第一高校(勝ち点26/得失点差+2)
6位:大阪桐蔭高校(勝ち点27/得失点差+5)
7位:東山高校(勝ち点27/得失点差+2)
8位:大阪産業大学附属高校(勝ち点25/得失点差+3)
9位:滝川第二高校(勝ち点23/得失点差-5)
10位:初芝橋本高校(勝ち点2/得失点差-41)

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る