2015.11.30

U-18日本代表エースの小川航基(磐田)、プロデビュー済み大津の野田裕喜(G大阪)ら8選手/選手権出場予定のJ加入内定選手

 平成27年第94回全国高等学校サッカー選手権大会開幕まであと1か月に迫ってきた。

 前回大会では、東福岡高校のMF増山朝陽(ヴィッセル神戸)、MF中島賢星(横浜F・マリノス)、流通経済大柏高校のMF小川諒也(FC東京)、前橋育英高校のMF渡邊凌磨(FCインゴルシュタット)など、多くのプロ加入選手が活躍を見せた。

 今年も2016シーズンJ加入内定選手が発表されており、注目が集まる。その多くがU-18日本代表メンバーにも選出されている。桐光学園高校のFW小川航基(ジュビロ磐田加入内定)もその一人だ。10月に開催されたAFC U-19選手権2016予選3試合すべてに出場し、3ゴールを記録。また、桐光学園でも選手権神奈川県2次予選決勝戦で2ゴールを決めるなど、エースとして活躍している。

 大津高校のDF野田裕喜(ガンバ大阪加入内定)も経験豊富なプレーヤーだ。高校2年時から特別指定選手としてロアッソ熊本に登録され、2014シーズンJ2第42節のアビスパ福岡戦でスタメン出場を果たし、勝利に貢献した。今シーズンは背番号5をつけ、4試合に出場。10月にはチームメートのFW一美和成とともに、G大阪への新加入内定が発表された。

 四日市中央工業高校のMF森島司(サンフレッチェ広島)は、1年時から背番号14を背負い、主力として選手権に出場。2度目の選手権に挑む。

 強豪ひしめく千葉県を突破した市立船橋高校からは、MF椎橋慧也(ベガルタ仙台加入内定)、FW永藤歩(モンテディオ山形加入内定)の2選手。19年連続21回目の出場となる青森山田高校からは、DF常田克人(ベガルタ仙台加入内定)、FW神谷優太(湘南ベルマーレ加入内定)の2選手が卒業後にJクラブへと進む。

■選手権出場予定のJ加入内定選手(11月30日現在)
青森山田
DF常田克人(ベガルタ仙台加入内定)
FW神谷優太(湘南ベルマーレ加入内定)

市立船橋
MF椎橋慧也(ベガルタ仙台加入内定)
FW永藤歩(モンテディオ山形加入内定)

桐光学園
FW小川航基(ジュビロ磐田加入内定)

四日市中央工業
MF森島司(サンフレッチェ広島)

大津
DF野田裕喜(ガンバ大阪加入内定)
FW一美和成(ガンバ大阪加入内定)

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る