2015.11.22

静岡学園が帝京大可児に大勝し、首位キープ/プリンスリーグ東海第16節

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ東海の第16節が、11月21、22日に各地で行われた。

 首位の静岡学園高校(静岡)は、帝京大可児高校(岐阜)と対戦した。静岡学園は3分にDF嶋一駿の得点で先制すると、6分にはMF荒井大が追加点を挙げる。さらに18分にはMF西山大輝がチーム3点目を奪うと、22、24、25分にFW加納澪がゴールを決め、ハットトリックを達成する。その後、荒井のこの試合2点目やMF鹿沼直生の得点で2点を追加した静岡学園が8-0で大勝し、首位をキープした。

 一方、得失点差で2位のジュビ口磐田U-18(静岡)と藤枝東高校(静岡)の一戦は、27分に磐田FW山下諒也が先制ゴールを挙げる。さらに44分MF池田太成が追加点を奪い、磐田が2点をリードして前半を折り返す。後半は互いに得点を奪うことができず、試合はそのまま終了。磐田が2-0で勝利した。

 第16節の結果と順位表は以下のとおり。なお、第17節は11月28、29日に行われる。

■プリンスリーグ東海第16節の結果
11月21日開催
静岡学園(静岡)8-0 帝京大可児(岐阜)
11月22日開催
浜松開誠館(静岡)2-3 清水桜が丘(静岡)
藤枝東(静岡)0-2 磐田U-18(静岡)
東海学園(愛知県)2-0 中京大中京(愛知)
四日市中央工業(三重)0-3 磐田東(静岡)

■プリンスリーグ東海順位表
1位:静岡学園高校(勝ち点38/得失点差+56)
2位:ジュビ口磐田U-18(勝ち点38/得失点差+20)
3位:清水桜が丘高校(勝ち点26/得失点差+12)
4位:東海学園高校(勝ち点24/得失点差-5)
5位:浜松開誠館高校(勝ち点22/得失点差-7)
6位:四日市中央工業高校(勝ち点21/得失点差-11)
7位:中京大学附属中京高校(勝ち点17/得失点差-12)
8位:藤枝東高校(勝ち点17/得失点差-16)
9位:磐田東高校(勝ち点14/得失点差-11)
10位:帝京大可児高校(勝ち点12/得失点差-26)

■プリンスリーグ東海第17節の対戦カード
11月28日開催
ジュビ口磐田U-18(静岡)vs 清水桜が丘高校(静岡)[ゆめりあ/13時キックオフ]
静岡学園高校(静岡)vs 浜松開誠館高校(静岡)[藤枝市民グラウンドサッ力ー場/11時キックオフ]
磐田東高校(静岡)vs 中京大学附属中京高校(愛知)[ゆめりあ/11時キックオフ]
11月29日開催
藤枝東高校(静岡)vs 東海学園高校(愛知県)[藤枝東高G/11時キックオフ]
帝京大可児高校(岐阜)vs 四日市中央工業高校(三重)[TEIKYOけやきフィールド/12時キックオフ]

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る