FOLLOW US

“登竜門”高校サッカー選手権応援マネ、永野芽郁に決定「笑顔を絶やさずサポートを」

 第94回全国高校サッカー選手権大会の11代目となる応援マネージャーが決定し、映画・ドラマ・CM・モデルと幅広く活躍中の永野芽郁さんが就任することが決まった。同大会を放送する日本テレビが発表している。

 1999年9月生まれで16歳の永野さんは、『ニコ☆プチ』や『nicola』の専属モデルなどを務め、現在公開中の映画『俺物語!!』ではヒロインの大和凛子役を演じている。

 就任決定に先立ち行われた会見で永野さんは、「同世代の高校生の選手たちが全力で頑張っている姿を、誰にも負けないように一生懸命応援できればと思います」と力強く冒頭にコメント。第一報を聞いたときは嬉しい気持ちがありつつ「歴代の方たちがすごい方たちなので、自分が11代目でいいのかなという不安もありました」と素直な気持ちを話したが、「(永野さんにしかできない応援には?の問いに)一日中元気でいることです。笑顔を絶やさず、サッカーをしているところだけではなくて、舞台裏でもサポートできるようなマネージャーになりたいです」と、明るく元気に答えてくれている。

「走ることが好き」という永野さんは、サッカー経験について「本当はプレーしたいんですけど、ボールを蹴るとどこかにいっちゃうときがあるんです。なので、『見る側の方がいいよね』って友達には…(笑)。今も学校の体育の授業でサッカーやっているんですが、蹴るのが下手なのでGKをやっています(笑)。基本は見て、全力で応援しています!」と照れ笑いを浮かべる場面も。

 生観戦の経験はまだないながら、テレビではよくサッカーを見るそうで、「本田(圭佑)選手が好きです。PKの時に、あんなにたくさんの人が見ているところで、なぜプレッシャーに勝てるんだろうと、いつも考えながら見ていて。私自身は、本番に弱いと思っているので、そういう人になりたいです」と、特にメンタル面での憧れがあると明かすとともに「あとはクリスティアーノ・ロナウド選手。かっこいいのに、お子さんもいて(笑)。親子で一緒に腹筋をしている動画を見て、こんなお父さんいいなと思いました。好きです」と女の子らしい答えも残している。

 応援マネージャーはこれまで堀北真希さん(初代)、新垣結衣さん(2代目)、広瀬すずさん(10代目)など、ここを一つのステップとして女優として羽ばたいていった、いわば登竜門的な存在としても知られる。「テレビで見ている女優さんはみなさん、作品によって役がガラッと変わります。私自身も演じているときは、上手にできるようになりたいです」と、先輩たちの背中を追いかけると語った。

 今大会はキャッチフレーズが『Future~日本の未来はここにある』となっているが、「5年後の東京オリンピックに出るかもしれない選手がいることを考えるとドキドキするし、そういう選手たちのプレーを目の前で見られるということを嬉しく思っています。私もみなさんを全力でサポートできるように頑張りたいと思っているので、みなさんも頑張ってくれたらいいなと思います。応援しています!」と意欲を語るとともに、選手たちにエールを送っている。

 第94回全国高校サッカー選手権大会は11月16日に組み合わせ抽選会を実施。12月30日に開幕し、決勝戦は2016年1月11日に埼玉スタジアム2002で開催される。

 歴代の応援マネージャーは以下のとおり。

初代 堀北真希さん(第84回大会)
2代目 新垣結衣さん(第85回大会)
3代目 北乃きいさん(第86回大会)
4代目 逢沢りなさん(第87回大会)
5代目 川島海荷さん(第88回大会)
6代目 広瀬アリスさん(第89回大会)
7代目 川口春奈さん(第90回大会)
8代目 大野いとさん(第91回大会)
9代目 松井愛莉さん(第92回大会)
10代目 広瀬すずさん(第93回大会)
11代目 永野芽郁さん(第94回大会)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA