2015.08.11

東京Vユースと四日市中央工業が2勝1分/和倉ユースグループF

 8月11日、第3回和倉ユース(U18)サッカー大会の2日目が行われた。

 グループFで初日を1勝1分で終えた東京ヴェルディユース(東京)は、作陽高校(岡山)と対戦。35分にFW渡辺皓太のゴールで先制すると、50分にMF佐藤留己安が追加点をマーク。守備陣も完封し、2-0で勝利した。

 グループFのもう1試合では、四日市中央工業高校(三重)と鵬学園高校(石川)が激突した。初日で1勝1分だった四日市中央工業は、34分に先制されたが、53分に阪倉幹大が同点ゴール。試合を振りだしに戻すと、55分に逆転ゴールを挙げ、2-1で競り勝った。

 グループFの2日目の試合結果は以下のとおり。

■第3回和倉ユース(U18)サッカー大会 グループF 2日目試合結果
作陽 0-2 東京ヴェルディユース
四日市中央工業 2-1 鵬学園

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
横浜FC
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る