2015.08.03

草津東の山本悠樹、違い作り出す「見る」センスと技術で快勝に導く

文・写真=吉田太郎

 関西地域注目の司令塔がいきなり結果を出した。草津東のMF山本悠樹は11分、後方から繋がれたパスを中央で受けると、前線の選手が一斉に動き出したことによって盛岡商のセンターバック2人が釣られてできたスペースを見逃さない。右前方へ持ち出して右足一閃。先制ゴールを記録した。

 在京のJ1クラブスカウトは「とても良く見ている」と山本悠の視野の広さと「見ている」場所へ正確に通すパスを称賛する。その山本悠はこの試合でもDFに囲まれていてもスペースを見つけ出してボールを配球。草津東は10番にボールが入ると、ボールが出てくることを確信しているかのようにスペースへと飛び出し、山本悠のスルーパス、ループパスから決定的なシーンをつくり出した。

 そして山本悠は1-0の31分に右CKをセンターバック宮迫晶矢の頭にピンポイントで通して2点目のゴールをアシスト。そして後半開始直後には右足でPKを決めた。小林茂樹監督は「もっとプレッシャーの強い中でどのくらいできるか」と注文をつけていたが、初戦から抜群の存在感を放って4-1の勝利に貢献した。

 2年生エースとして出場した昨年度の高校選手権ではインターハイ優勝の東福岡に0-3で敗れた。フィジカル面で劣っていたことを認める山本だが「人がいっぱいいる中でも当たり負けしなければ見えているところは見えている」と手ごたえを口にしていた。今大会の主役候補は「見ることができたら相手がデカくても怖くない。視野の広さは自分の武器なので活かしていきたい」というとおりにその「見る」センスの高さと技術で、早速違いをつくり出した。

「結果としてゴールが一番わかりやすい」。注目される中、今大会は結果にもこだわっている。「(草津東自慢の攻撃力を示して勝ち上がるためには)初戦が大事だということは分かっていた。自分が点を取ることを考えていた」というとおりにまず2ゴール。今大会は質で違いをつくるだけでなく、結果でもその名を印象付ける。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る