2015.07.04

大津が今季6勝目…鹿実は最下位脱出/プリンス九州第8節

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ九州の第9節が7月4日に各地で行われた。

 第8節終了時点で、大津高校(熊本)と鹿児島城西高校(鹿児島)が勝ち点で並び、首位を争っているプリンスリーグ九州。得失点差で首位に立つ大津は今節、鵬翔高校(宮崎)と対戦した。拮抗した展開の中、JFA・Jリーグ特別指定選手として、ロアッソ熊本に登録されているFW一美和成が76分にゴールを奪うと、直後の78分には秋永連斗が追加点を決める。84分に1点返されるも、2-1で大津が勝利を挙げた。

 一方、鹿児島城西はアビスパ福岡U-18(福岡)に2-3で逆転負けを喫したため、大津との勝ち点差は3に開いた。

 また、最下位に沈む鹿児島実業高校(鹿児島)は、前節3位の神村学園高等部(鹿児島)
と鹿児島県同士の一戦に臨んだ。鹿児島実は、試合開始9分に先制を許すも、直後の14分に大南拓磨、20分に岩下将がゴールを決め逆転に成功する。そのまま試合は動かず、2-1で試合終了。鹿児島実が勝ち点3を手にし、最下位から脱出した。

 第9節に行われた試合結果と順位表は以下のとおり。

■プリンスリーグ九州第9節結果
九国大付(福岡) 3-2 東海第五(福岡)
日章学園(宮崎) 2-0 筑陽学園(福岡)
神村学園(鹿児島) 1-2 鹿児島実(鹿児島)
鵬翔(宮崎) 1-2 大津(熊本)
福岡U-18(福岡)3-2 鹿児島城西(鹿児島)

■プリンスリーグ九州第9節順位表
1位:大津高校(勝ち点21/得失点差+20)
2位:鹿児島城西高校(勝ち点18/得失点差+9)
3位:アビスパ福岡U-18(勝ち点14/得失点差+4)
4位:神村学園高等部(勝ち点13/得失点差+4)
5位:九州国際大学付属高校(勝ち点13/得失点差-2)
6位:日章学園高校(勝ち点11/得失点差-4)
7位:鹿児島実業高校(勝ち点9/得失点差-7)
8位:東海大学付属第五高校(勝ち点8/得失点差-4)
9位:鵬翔高校(勝ち点8/得失点差-10)
10位:筑陽学園高校(勝ち点8/得失点差-10)

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る