2016.08.01

長谷部誠が語る「EVOTOUCH」…独占インタビュー動画

サッカー総合情報サイト

  キックに重点を置く「EVOPOWER」、スピードを追求した「EVOSPEED」に続き、プーマは今夏、待望の新スパイク「EVOTOUCH」を世に放った。“比類なきコントロールと極上のタッチ”をコンセプトに掲げる「EVOTOUCH」は、セスク・ファブレガスやマルコ・ヴェラッティ、サンティ・カソルラといった選手たちのプレーを支えることになる。そしてもうひとり、新たな武器を手に、新たな戦いに身を投じようとする男がいる。日本が誇るプレーメーカー長谷部誠が、「EVOTOUCH」の魅力を語る。

——スパイク選びで最も重視することは何でしょうか?
長谷部 間違いなくフィット感ですね。(スパイクを履いた時に)足にピタッとハマるかどうか、というのが一番大事ですね。

——『EVOTOUCH』のデザインについてどんな印象を抱きましたか?
長谷部 今回のデザインは『エヴォニットソック』と言って、足首から、くるぶしから全体として足を包んでくれるような。スパイクにフィット感を求める僕としては、このデザインは気に入っていますし、すごくいいスパイクだなと思っています。

——カラーリングについての第一印象は?
長谷部 デザインとしてはシンプルですけど、カラーリングは非常に目立ちますね。僕は黒いスパイクがずっと好きですし、カラーリングも気に入っています。

——機能面についてはいかがでしょうか?
長谷部 やっぱり天然のカンガルーの革なので、足にすごくフィットする感覚があります。自分はフィット感をスパイクに求めているので、そういう意味ですごく履きやすいスパイクですね。

——スペイン代表のセスク・ファブレガスやサンティ・カソルラも『EVOTOUCH』を履きます。
長谷部 セスク選手やカソルラ選手は僕と違いテクニック系なんですけど、彼らが着用するものと同じスパイクを僕自身も今回着用させてもらうということで、光栄です。プレースタイルは多少違いますけど、セスク選手はよくプレーを見て、彼のリズムなどを参考にしている部分もあるので、このスパイクを履いて、より彼に近づけるようにやっていきたいと思いますね。

——『EVO TOUCH』はどんなプレーヤーに向いたスパイクだと思いますか?
長谷部 このスパイクは人工芝に対応しているソールもありますし、日本のグラウンドにもすごく適しているスパイクだと思うので。もちろん部活でも使用してほしいと思いますし、若い年代の選手たちに履いてほしいなと思います。

長谷部誠 特集トップへ戻る

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
78pt
横浜FC
73pt
大宮
73pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
59pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る

高校・大学&ジュニアランキング