2017.01.03

勝負に徹した鹿児島城西 「勝つにはこれしかなかった」堅牢な砦を築く

鹿児島城西GK泉森涼太 [写真]=鷹羽康博
2013年までサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』で編集、記者を担当。現在はフリーランスとして活動中。

「やり方を変えて、守備的にやらせてもらった」と鹿児島城西・小久保悟監督が言えば、「あそこまでドン引きしてくるとは……」と長崎総科大附・小嶺忠敏監督が振り返る。0-0からPK戦での決着となったが、前者の狙いどおりのゲーム内容だったことは、試合後のコントラストを見るまでもなく明らかだった。

 今年はプリンスリーグ九州で2試合対戦して、長崎総科大附が2勝。特に第1戦は6-0の圧勝となっており、小久保監督は「普通に組んだら勝てない」という結論を得ていた。「申し訳ないけれど、勝つにはこれしかなかった。とにかく失点したくないということを意識した」と守備的な戦術を採用。相手に押し込まれる事態は許容しながら、スピードのあるFWを走らせてカウンターを狙う作戦との二枚刃で、この一戦に挑んだ。

 鹿児島城西が“守り勝つ”ことを狙えるのは、田實康人と生駒仁の両センターバックがいるからでもある。U-17日本代表にも選ばれている生駒の能力の高さはもちろん、田實も空中戦に絶対の自信を持つ選手。足に違和感のあった彼をあえて1回戦では温存してまで、この長崎総科大附戦に備えさせていた。さらに長崎総科大附のキーマンであるMF薬真寺孝弥には、長身ボランチの大脇瑞城がマンマーク。相手にクロスを上げさせても中で跳ね返し、こぼれ球も大きく蹴り出し続けてペースを握らせなかった。

 さらに0-0からのPK戦についても「かなり練習させてきた」(小久保監督)。過去2大会はいずれもPK戦で苦杯をなめているだけに、その準備も万端。GK泉森涼太は「練習からよく止めてくれるので、信頼していた」(同監督)というPKストッパーでもある。実際に長崎総科大附の1番手、FW安藤瑞季のシュートを好セーブ。PK戦自体の流れを決定付けてみせた。

 次なる相手は東福岡だが、堅陣を誇る鹿児島の雄は「またジャイアントキリングを起こしたい」(大脇)と、自慢の盾を構え、砦を築いて、前年度王者を待ち受ける。

取材・文=川端暁彦

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る