2016.12.18

中野誠也&北川柊斗がハットトリック…攻撃陣爆発の筑波大が9回目のインカレ制覇

先制ゴールを挙げ、喜ぶ西澤健太 [写真]=梅月智史
サッカー総合情報サイト

 18日、平成28年度 第65回全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)の決勝が浦和駒場スタジアムで行われ、日本体育大学と筑波大学が対戦した。

 試合が動いたのは28分、中盤で筑波大FW北川柊斗がボールを奪い返すと、こぼれ球を拾った西澤健太が左足を振り抜き、筑波大が先制する。36分には筑波大DF会津雄生の右サイドからのクロスをファーサイドで西澤が頭で合わせ、2得点目。前半アディショナルタイムには筑波大FW中野誠也が追加点を奪い、筑波大が3-0とリードして前半を折り返す。

 後半に入っても筑波大の勢いは止まらない。54分、中野が相手DFとの一対一に競り勝ってシュートまで持ち込み、自身2得点目を記録。さらに、北川が61分、70分、80分とゴールを決め、ハットトリックを達成する。

 今季関東大学リーグ得点王のMF高井和馬を出場停止で欠く日体大は、一矢報いるべくゴールを目指したが、筑波大のセンターバックコンビ、鈴木大誠と小笠原佳祐が体を張って守るゴールをこじ開けることができない。

 終了間際の88分には、前掛かりとなった日体大のスキを突いた筑波大FW中野が追加点を挙げ、ハットトリック達成。このまま試合は終了し、筑波大が8-0の圧勝を収めた。

 4試合で18得点1失点と攻守において安定して結果を残した筑波大。13年ぶり9回目のインカレ優勝を果たした。

【スコア】
日本体育大学 0-8 筑波大学

【得点者】
0-1 西澤健太(筑波大)
0-2 西澤健太(筑波大)
0-3 中野誠也(筑波大)
0-4 中野誠也(筑波大)
0-5 北川柊斗(筑波大)
0-6 北川柊斗(筑波大)
0-7 北川柊斗(筑波大)
0-8 中野誠也(筑波大)

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る