2016.11.13

関東一が初の選手権切符! 「チームの生命線」“鉄壁コンビ”が完封で導く

相手を挟み込む鈴木友也(左)と石島春輔(右) [写真]=岩井規征
世界各国を放浪するサッカージャーナリスト。巷ではユース教授と呼ばれる。

 第95回全国高校サッカー選手権大会・東京A決勝が12日に行われ、関東一が1-0で成立学園を破り、同校初の選手権出場切符を手にした。

 関東一が誇る“鉄壁コンビ”が決勝の大舞台で気迫溢れるプレーを見せて、成立学園の攻撃をシャットアウトし、チームを選手権へと導いた。

 関東一の鈴木友也と石島春輔のCBコンビは、「この2人がチームの生命線」と、小野貴裕監督に言わしめるほど、絶大な存在感を放つ。気持ちを前面に出すファイターの鈴木と、屈強なフィジカルと高い打点のヘッド、そして冷静なカバーリングを見せる石島。個性の違う2人が噛み合った時、チームは抜群の安定感が生まれる。決勝がまさにそうだった。

[写真]=岩井規征

[写真]=岩井規征

 成立学園はFW竹本大輝らを軸にサイドからスピーディーな崩しを見せるが、関東一は鈴木が大きな声で周りを鼓舞しながら、バイタルエリアに入って来るアタッカーにプレッシャーをかけると、石島は相棒のポジションを常に視野に入れながらも、裏へ飛び出そうとする相手選手を鋭い出足で押さえ込み、押し込まれながらも決定的なシーンを作らせなかった。

 45分にMF林健太がセットプレーの崩れから、鮮やかなオーバーヘッドシュートを沈め、関東一が先制点を奪うと、追いつきたい成立学園の攻撃の圧力はさらに強まった。60分にMF高橋恒樹、74分にFW町田ジェフリーと攻撃のカードを次々と切って来る成立学園に対し、CBの2人は柔軟に対応していく。

 町田をターゲットにロングボールを放り込まれても、必ず身体を寄せて自由を与えず、ペナルティーエリアに入られても必ずシュートコースに入って身を挺してブロック。まさに気迫溢れる守備をタイムアップのホイッスルが鳴り響くまで続けた。

[写真]=岩井規征

[写真]=岩井規征

 試合後、小野監督は「石島と鈴木が安定しているときは負けない。関東大会の予選で成立学園に負けたときは、この2人のコンビの集中が切れたときに、一気に試合をひっくり返された。でも、それ以降はそう言う隙を見せないような連携を見せてくれるようになった」と、真っ先に殊勲の“鉄壁コンビ”に賛辞を贈った。

 ポゼッションを軸にした攻撃サッカーを掲げるチームの中で、それを実現させるための強固な土台となっている2人。安定した土壌の上に構築されたチームは全国でも十分に上位を狙えるチームに仕上がっている。

 夏のインターハイでは2回戦で同大会を制した市立船橋に0-1で敗れたが、初の選手権ではそれ以上、いや昨年度のインターハイでベスト4入りをした快進撃がまだ終わっていないことを証明すべく、“鉄壁コンビ”はさらに厚みを増し、より揺るぎない堅牢な壁となる。

取材・文=安藤隆人

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る