2016.06.26

前回王者の明治大が初戦突破…渡辺悠雅が公式戦初ゴール/アミノバイタル杯

公式戦初ゴールを決めた渡辺悠雅 [写真]=渡邊弘基(明大スポーツ)
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

文=亀井笙子(明大スポーツ)

「アミノバイタル」カップ2016第5回関東大学サッカートーナメント大会(兼総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント関東予選)初戦突破だ。相手は千葉県大学選手権の覇者である明海大学。前半から激しいプレスに苦戦するものの、21分に土居柊太が先制点を決め、1点リードで折り返す。後半に入るとリズムを取り戻していき、80分に渡辺悠雅がサイドからのボールをきっちり決め、試合を決定づけた。DF陣も体を張ったプレーで無失点に抑え、2-0で勝利。青山学院大学との2回戦に駒を進めた。

 初戦のプレッシャーを乗り越えた。前半、「負けたら終わりのトーナメントの初戦は雰囲気も環境も違うので、非常に難しいゲームになる」(栗田大輔監督)と初戦が故の硬さと相手のハイプレスによりなかなか勢いに乗れない。チャンスこそ作るものの決めきることができなかった。そんな一進一退の攻防が続く中、21分、細かいパスから展開し、丹羽詩温が落としたボールを土居がゴール左に押しこみ、先制点を挙げる。しかし、流れは変わらず。簡単なミスからピンチを迎え、守護神、服部一輝主将の好セーブに救われることもあった。そこで、ハーフタイムに「栗田監督から前提として『戦え』と言われました」(土居)とギアを上げるよう指示が入る。すると、迎えた後半は守備が安定し出し、徐々に明治大らしいサッカーに。打たれたシュート数も前半は3本だったのに対し、後半は1本に抑え、相手に得点の機会を与えず。3試合連続無失点勝利を果たした。

 公式戦初ゴールは試合を決定づけるものとなった。80分、道渕諒平に代わり投入された渡辺が左サイドにいた河面旺成の正確なパスを左足で振り切る。ボールはネットに突き刺さり、勝ち越し弾を決めた。「流れを変えろと言われた」(渡辺)。途中出場後から積極的にサイドから縦へ突破してゴールを狙う姿勢を見せており、「その結果のゴール」(渡辺)ときっぱり。なかなか決定機をものにできなかったチームに得点と勢いをもたらし、期待に応えてみせた。

 総理大臣杯への切符まであと1勝となった。2回戦の相手は中央大学を延長戦の末下し、勝ち上がってきた青山学院大。一昨年の同大会、同じ裾野グラウンドで1回戦目に明海大を下し、2回戦目に青山学院大に逆転負けを喫している明治大。奇しくも雪辱を果たすには絶好の舞台を迎えることとなった。しかし「相手がどこだろうとやるべきことは変わりません」(服部)。信じたサッカーで過去と決別し、切符をつかむ。

明大スポーツのweb(http://www.meispo.net/news.php?news_id=9711)では、記事や試合後の選手コメントを掲載しております!Twitter(@meisupo)では試合の速報をしています。さらに、webでは注目選手のインタビューや連載企画を不定期に更新しています!サッカー部のみならず、明治大学体育会情報が満載ですので、是非一度アクセスをお願い致します!


Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る