2016.06.20

リベンジを誓う市立船橋DF杉岡大暉「東福岡と決勝で当たれれば最高」

複数のJクラブから注目を集める市立船橋DF杉岡 [写真]=平柳麻衣
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 平成28年度千葉県高校総体サッカーの部準決勝が19日に行われ、市立船橋高校は翔凛高校と対戦。FW村上弘有が前半だけでハットトリックを達成するなど攻撃陣が爆発し、7-0で大勝を収めた。

 サイド攻撃、セットプレー、中盤でのパスワークと多彩な攻撃で相手を圧倒した市立船橋だが、前線の活躍は守備の安定感があるからこそ。ディフェンスリーダーとして君臨する主将の杉岡大暉は、「昨日(準々決勝、柏日体戦)は少し緩んでいるところがあったけど、もう一度引き締めてやろうということで、結果につながって良かった」と試合を振り返る。

 4年連続26回目となるインターハイ出場が決まった。目標はもちろん昨年度の準優勝を超える、タイトル獲得だ。そのためには、昨年度のインターハイと全国高校サッカー選手権で2度タイトルを阻まれた最大のライバル、東福岡高校の存在を意識せずにはいられない。

「全国大会はチームが成長できる舞台にしたい。去年は悔しかったので、一戦一戦やって最後に勝てれば。東福岡には勝たないとダメだし、絶対に負けたくない。決勝で当たれれば最高だと思う」(杉岡)
 


Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る