2016.05.16

法政大が首位浮上…駒澤大に競り勝って今季4勝目/関東大学1部リーグ

試合終了のホイッスルが鳴ると、法政大の選手たちは歓喜の声を挙げた [写真]=内藤悠史
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦1部 第7節が15日に行われ、川口市青木町公園総合運動場の第二試合では法政大学と駒澤大学が対戦した。

 リーグ戦は第6節終了時点で、首位の筑波大学と2位の明治大学、3位の早稲田大、4位の桐蔭横浜大が勝ち点11で並ぶ大混戦となった。14日に今節を終えた筑波大は敗れ、早稲田大と桐蔭横浜大の一戦は引き分け。勝ち点10の法政大は今節の結果次第では首位に浮上する可能性もある。非常に重要な一戦を迎えた。一方の駒澤大は6試合を終えて2勝2分け2敗と五分の戦績。前節では明治大に1-3と完敗を喫しているだけに、連敗を阻止して浮上のきっかけを掴みたい。

 試合は立ち上がりから激しく動いた。8分に法政大がMF大西遼太郎のゴールで先制すると、11分にはDF柳沢拓希が追加点。早々と2点リードを奪ったが、駒澤大も15分にMF吉岡雅和が反撃のゴールを決め、スコアは2-1となった。

 打ち合いとなった立ち上がりを経て、試合は次第に拮抗した展開へ。33分には法政大のMF川崎雅哉が強烈な左足ミドルシュートを放ったが枠を逸れ、3点目とはならなかった。前半は2-1、法政大の1点リードで終了した。

 後半も一進一退の攻防が繰り広げられた。1点を追う駒澤大は66分、右サイド深くまで突破しFW小口大司のクロスからMF大村英哉がスライディングボレー。強烈なシュートはクロスバーを直撃し、同点ゴールとはならなかった。

 駒澤大は終盤にかけても前線への圧力を強め、81分にはセットプレーのこぼれ球を拾ってゴール前へクロスを供給し、最後はMF安藤翼が強烈なシュートを放ったものの枠を越え、最後まで2点目を挙げることができなかった。

 試合は2-1で終了。序盤に奪ったリードを守り切った法政大が今シーズン4勝目を挙げ、勝ち点を13に伸ばして首位に立った。一方の駒澤大は2勝2分け3敗の勝ち点8で9位となっている。

 法政大は次節、21日に味の素スタジアム西競技場の第一試合で日本体育大学と対戦。駒澤大は同日、味の素フィールド西が丘の第二試合で早稲田大と対戦する。

【スコア】
法政大学 2-1 駒澤大学

【得点者】
1-0 8分 大西遼太郎(法政大学)
2-0 11分 柳沢拓希(法政大学)
2-1 15分 吉岡雅和(駒澤大学)

取材・文=内藤悠史

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る