2016.04.01

全日本大学選抜のMF松木駿之介、慶應大での2年目の決意「チームのために15ゴール取る」

高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 JR東日本カップ2016関東大学サッカーリーグが4月2日より開幕する。昨季、慶應義塾大学は関東大学リーグ優勝を目標に戦い、リーグ戦終盤まで優勝争いを演じた。しかし、結果は惜しくも3位。あと一歩届かなかった。今シーズンこそ悲願の優勝へ。熱い戦いが始まろうとしている。ケイスポでは関東リーグ制覇へ向けて活躍に期待のかかる選手に意気込みを聞いた。第1弾は昨季の関東大学リーグ新人賞を受賞した松木駿之介選手から!

文・写真=慶應スポーツ

――まずは昨季を振り返ってもらえますか?
松木 昨季は大学1年目のシーズンとして自分が想像していたよりも充実したシーズンを送れたと思っています。それは、もちろん監督に試合にコンスタントに出させてもらっていたことと、先輩が本当に僕を伸び伸びとさせてくれたことがすごく大きかったので、今年は2年生になりますけど、2年生になる分、チームのことも考えなくちゃいけない学年になると思うし、そういったところで成長していきたいと思います。

――昨年ソッカー部に入部した時、ある程度思い描いていたビジョンがあったかと思います。その中に、開幕スタメンや新人賞というものはあったのですか?
松木 開幕スタメンと新人賞はもう入部した時から、ブレずに掲げていた目標で、高校のときは無名の存在でしたけど、うまい人がある程度抜けて一生懸命やれば追いつける位置だなと思っていたので、そこは可能性を信じて開幕スタメンと新人賞というのはずっと狙っていました。

――入部していきなりの開幕戦スタメン出場でしたが、不安や緊張はありましたか?
松木 不安は相当ありましたし、先輩が出られない中、自分が出させてもらっていて、当時の4年生とも開幕前に話して、4年生の気持ちとかを知った上で自分が結果を出せないと本当に申し訳ないなという責任感から不安もありましたし、でもその分4年生がずっと自分に気を使って声を掛けてくれたので、そういう不安も乗り越えられました。

――その後も主力としてスタメン出場が続きましたが、「やれるな」という手ごたえを感じたのはどことの試合でしたか?
松木 やっぱりスタートダッシュがうまくいったと思っています。開幕戦の法政大学戦で良いプレーができて、第2節の駒澤大学戦で点を取れて、「俺でもやれるな」と早い段階で感じられたのが1年間とおして充実したシーズンを送れた要因だと思います。

――前期は3ゴール2アシストを記録しましたが、第2節での初ゴールから次のゴールを決めるまでに8試合ノーゴールの期間が続きました。「壁にぶち当たった」期間だったのですか?
松木 ある程度大学サッカーのスピードに慣れて気持ちが落ち着いてしまったというか、1点取って少し慢心があったというか、ゴールへの意識が薄れていたかなというのが正直あります。3試合、4試合ゴールを取れなくなってから本当にゴールが欲しくなって、ゴールと向き合うようになってから謙虚な気持ちをまた改めて確認するようになって、そこからゴールを取れるようになっていったので、気持ちの部分が本当に大事だなと思った期間でした。

――前期終了後、手術のためピッチを離れました。早慶定期戦では松木選手の不在によりターゲットとなる選手がおらず苦戦した印象を受けたのですが、やはり「自分が出ていたら」という悔しさはありましたか?
松木 もちろん選手としてピッチに立てなかったことは本当にもどかしくて、「自分がピッチに立ったらどういうことができるのか」とか考えながら見ていましたけど、早稲田大学の守備が堅い中で僕の空中戦は武器になるなとも思っていましたし、そういう部分でも今年はけがなくコンスタントに試合に出続けられる選手になりたいという気持ちが強くなりました。

――まだ手にテーピングを巻いて出場していますが、けが自体は治っているのですか?
松木 けが自体は治っていて全然プレーには影響はないですけど、試合中にテーピングをつけているのはゲン担ぎというか、つけてからだいぶ調子が良くなったので、ほとんどゲン担ぎという意味でテーピングを巻いています。トレードマークにしたいですね。

ゴールを取れなければ自分の存在価値はない

――復帰後は5ゴール1アシストと前期よりもゴール数が増えました。要因は?
松木 やっぱり本当にゴールと向き合うようになりました。自分はサッカー選手として能力が高いとは思っていないので、ゴールを決めて結果を残して分かりやすい結果で評価されていく選手だと考えるようになって、ゴールを取れなければ自分の存在価値はないなと思い始めたので、本当にゴールと向き合うようになりました。

――トータルで8ゴール3アシスト、2桁ゴールに届きませんでした。
松木 後期の早い段階で8ゴールまで乗っかってそこで2桁ゴールの目標を作ったんですけど、そこからラスト3、4試合ゴールを取れずに終わってしまって、2桁ゴールに乗せたかったという思いはすごくあります。

――自分の中で「もっとやれた」という思いがあった中での新人賞受賞だったということですか?
松木 そうですね、最後は自分が結果を残せないままチームも勝ち点を伸ばせずに最後にひっくり返されて優勝を逃してしまったという中で新人賞を頂いたのですが、やっぱり自分が最後まで活躍していれば優勝もあったと思いますし、最後の勝負所で結果を残せる選手になりたいです。

――年が明けて2016年、デンソーチャレンジカップを戦う全日本選抜チームのメンバーに選ばれました。選ばれた時の率直な気持ちは?
松木 素直に嬉しかったです。今まで個人として評価されて選抜に入るとか、ましてや全日本選抜といったステージで戦ったことがなかったので、そういう中でやれることにうれしさはありました。

――デンソーチャレンジカップでは格下相手に初戦敗退でした。ショックはありましたか?
松木 北海道・東北選抜に負けてしまって、それも3-0から残り15分で3点決められて追いつかれてPK戦で負けてしまったんですけど、自分たちが強くないということを確認しましたし、全日本を背負っている以上、結果を求められるのですごくショックでした。

――日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督の前でプレーする機会もあったそうですが、いかがでしたか?
松木 ハリルホジッチ監督が来るということは試合前から聞いていて、もちろんサッカー選手として燃えますけど、でも特に個人として「いいプレーしよう」とか変な硬い気持ちはなかったです。

――その後のマレーシア遠征や日韓定期戦でゴールやアシストを量産しましたが、全日本選抜での活動を通じて何か「ここが変わった」というところはありますか?
松木 根拠のない自信がつきました。マレーシア遠征の最初の方は個人的にすごく調子が悪くて、結果が出なくて本当に悩んでいて気持ちがやられていた中で、慶應大からミゾくん(溝渕雄志)も全日本選抜に選ばれていたんですけど、ミゾくんと話した時に「バカか。自信が今なくなっているだろう。上に行く選手は根拠のない自信を持っていて、根拠のない自信がないとやっていけないぞ」と言われ、「冷静に考えて日本の大学生の中でトップの22人の中に入っているんだからお前はすごいんだぞ」とも言われて、「俺すごいな」と思って、やれないわけないし、いろいろな人が僕のことを評価してくれて全日本選抜に選ばれているので、その話を聞いて根拠のない自信を持てましたし、ミゾくんに救われた感があります。

――他大の選手との交流は刺激になりましたか?
松木 そうですね、個人個人の特徴も知りましたし、全日本選抜に残っている選手たちとプレーできたということで自分の実力というのも自分の中で把握することもできて、まだまだ力がないなというのも正直感じましたし、だからこそ今年やってやろうという気持ちがすごく高まったのでいい刺激になりました。

――そしていよいよソッカー部に戻ってきました。新入部員たちの印象は?
松木 今年は結構バランスよくどのポジションにもいい選手がいると思っています。青森山田高校から北城俊幸という後輩も入ってきましたけど、あいつはまだまだ全然(力を)出せていないなと思っていて、高校の時は本当に「半端なかった」という感じがあったので、もっとやれるんじゃないかと期待しています。

――自分と同じような道を新入部員たちには歩んでほしいですか?
松木 今トップチームに山田盛央と落合祥也の2人がフィールドプレーヤーで入っていて、自分と同じように開幕スタメンを狙ってほしいですし、そういう気持ちが下にあるチームというのは強くなると思いますし、GKも田野(稔明)さんがけがをして上田朝都が開幕スタメンという話も現実的になってきているので、朝都にも自分が去年思っていたことを伝えていって、伸び伸びとプレーしてほしいです。

――先程のお話にもありましたが、新入部員の中には青森山田高時代の後輩である北城選手もいます。彼のプレーの特徴と彼に寄せる期待についてぜひお聞かせください。
松木 クオリティー高く攻守においてハードワークできる選手だと思います。北城は相手が来てもハマらない技術を持っていますし、本当に気持ちが強い選手で、キャプテンもやっていましたし、ハードワークできるいい選手だと思います。それが今ソッカー部で出せていないのが残念ですけど、そこは自分からもアプローチしていって、いつか左サイドでコンビを組みたいです。

目の前の試合だけを見て謙虚に戦えれば優勝できる

――今季のチームとしての目標、そして個人としての目標を教えてください。
松木 もちろんチームとしては去年も掲げていたリーグ優勝です。去年は実際、優勝といってもどのくらいのレベルか分からないまま目の前の試合だけを見て戦っていって3位という結果で、目の前の試合だけを見て戦えたことはすごく良かったことだと思いますし、3位となったことでどのくらいの位置で優勝できるのかというのは全部員はっきり見えたと思います。今年は(昨年までの)経験もあるので、メンバーが残っていて経験がある分、目の前の試合が大切だというのはそれぞれ分かっていると思うし、目の前の試合だけを見て謙虚に戦えれば優勝できると思うので、力がない分、謙虚にやりたいと思います。個人としては数字的には15ゴール。そこには到達したいと思っています。15ゴール自分が取ることができればチームが優勝できるんじゃないかなと思っているので、チームのために15ゴール自分が取ることが目標です。

――去年のチームから戦術的に大きく変わった部分はありますか?
松木 去年の残り3節とかで、優勝争いをしている中で負けた要因として、自分たちがボールを持つ時間が長くなったというか、僕たちが優勝争いをしていることで戦う相手は構えるというか、構えられた時に自分たちが崩せないという状況があって、今年のスタイルは基本「堅守速攻」なんですけど、ボールを持った時にもっとボールを大切にすることや攻撃の崩しの部分は去年よりも時間をかけて今やっています。

――松木選手個人としての役割に変化は?
松木 相当ありますね。ボールを大切にするとなるとやっぱり技術の面も出てきて、僕自身パス&コントロールがうまくないので、そこの役割というか能力をもっともっと上げていかなければポジション争いに勝てないですし、実際、去年リーグ戦が終わって最後にボールの大切さ、ボールを持っている時の大切さというのをテーマに掲げた中でインカレを戦ったんですけど、その時にはベンチになりましたし、今年は本当にボールを大切にするといった基礎の部分の能力を上げていって、どんな戦術でもポジション争いに勝てる選手になっていかなければいけないなと、危機感を感じています。

――開幕戦の相手、明治大学の印象と試合に向けての意気込みを。
松木 タレント集団というか、高校までのスーパーな選手が集まる大学という印象があります。去年の最終節で明治大の優勝が懸かった試合で負けてしまって、結局明治大は優勝できなかったですけど目の前で大喜びされて、自分たちが優勝を逃した中でそういう屈辱的な負け方をしたので、今年開幕戦でやれるということで相当燃えていますし、柴戸海くんとか知り合いもいるので、個人的に本当にワクワクしています。

――最後に、応援してくださる皆さんにメッセージをお願いします。
松木 今年の慶應大は去年からメンバーが多く残っていてたくさんの人に期待してもらっていると思うので、その期待を裏切らないように、僕たちは期待されながらも事実弱いので、謙虚に戦っていってその期待に応えられればいいなと思うので、優勝という結果を見ますけど、目の前の試合を一試合一試合戦っていくので応援よろしくお願いします。

matsuki2


試合結果や選手のコメントは慶應スポーツのホームページ(http://keispo.org/wordpress/)で閲覧できます。またTwitter(@keispo2015)にて毎節試合速報をしておりますので、そちらもご利用ください!

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る