2015.08.02

ユース教授のインターハイ1回戦全試合プレビュー vol.4

清水商業と庵原が統合して誕生した清水桜が丘

文・写真=安藤隆人

 夏の風物詩、インターハイが迫ってきた。1回戦は8月3日に23試合を実施。開幕を控え、“ユース教授” 安藤隆人氏が初戦全試合の見どころを紹介する。

■徳島市立 vs 佐野日大
粘り強い守備から、エースストライカー岩木艦を軸にカウンターを繰り出す佐野日大に対し、徳島市立は四国ナンバーワンのタレントを揃え迎え撃つ。県予選決勝でハットトリックを達成した決定力抜群の山本史弥と、郡紘平のツートップ、そして司令塔の新居田涼と、活きのいい2年生が攻撃の中心となっている。ここにナンバー10を背負う3年生エース・岸田大世がベンチに控えており、彼が投入されれば、攻撃のリズムが変化をする。佐野日大にとっては、彼を投入される前に勝負を決めておきたい。それと同時に、佐野日大にとって脅威となるのが、超攻撃的右サイドバックの吉川航平の存在だ。強度の高いスプリントを繰り返し、クロスとシュートを持つ彼に自由を許すと、かなり劣勢に立たされるだけに、どう対応するかが注目ポイントだ。

------------------------------------
■大阪桐蔭 vs 新潟明訓
このカードは1回戦屈指の「隠れ好カード」と言っていい。共にチームとしての総合力が高く、質の高いサッカーを展開する者同士の戦いは、ハイレベルな攻防戦になることが予想される。大阪桐蔭の中盤は組み立てからゴールまで攻撃のすべてを司るMF清水大輝、高度のテクニックを有するMF伊東怜惟が形成。新潟明訓の中盤は元U-16日本代表のMF加藤潤と、中村亮太朗の全国トップレベルのダブルボランチが軸となっている。共に不動の軸を持つ中盤の攻防戦は、非常に見応え十分。さらに新潟明訓のエース高橋怜大、新潟県選抜のナンバー10でトップ下の関口正大のアタッカー陣と、大阪桐蔭の守備の要・GK上田人志の戦いも面白い。見所たくさんの試合だ。

------------------------------------
■旭川実業 vs 奈良育英
奈良育英は2年生と3年生の融合をテーマに春先からチーム作りをしてきた。当初は2年生主体のチームだったが、CB辻泰志やMF片山太征ら、3年生が名将・上間雅彦監督の檄に奮起し、チームの屋台骨に成長した。さらに170センチ後半以上の選手が多く、全体的に空中戦が強い。旭川実業には184センチのFW荒川勇気が前線でターゲットマンとなり、ボランチの樋口岳志も182センチの高さを有するだけに、エアバトルはこの試合の見所の一つだ。高さだけでなく、旭川実業はFW汐見颯、MF清水翼と、テクニックに秀いで、彼らがショートパスを駆使して攻撃のリズムを作るだけに、激しい球際を誇る奈良育英とは、地上戦でもぶつかり合う。陸空共に見所の十分の一戦だ。

------------------------------------
■羽黒 vs 関東第一
元Jリーガーの本街直樹監督に率いられる羽黒は、攻撃力がウリ。百瀬豪と伊藤瀬七のツートップ、ボランチの佐藤郁の強烈トライアングルが今年の看板。関東第一にとって、今年のチームの一つのポイントとなっている「分析力」を発揮する格好の相手とも言える。関東第一は羽黒のトライアングルの連携をどう分析し、対応をして、自分たちが得意とするテンポよくパスを繋いで、冨山大輔と岡崎仁太朗のツートップに良質なボールを送り込むサッカーが出来るか。ここがこの試合の見所だ。

------------------------------------
■清水桜が丘 vs 水橋
清水桜が丘の前評判は今年の始めから高かった。屈強なFW山田柊斗、強烈な左足を持つMF長田健吾、県予選でブレイクしたMF白井海斗と、個性的なアタッカー陣が揃い、名門らしい堂々たる戦いを見せる。一方で水橋は、昨年のメンバーがごっそりと抜け、「厳しい年」と言われていたが、MF四十田蒼、DF下鳥あとむら3年生が、春先のフェスティバルなど試合をこなしながら成長し、全国の切符を掴んだ。水橋にとっていきなり厳しい戦いを強いられるが、県予選で見せた成長を、全国でも見せられるか。それとも清水桜が丘が力で押し切るか。水橋の奮起に期待したい。

------------------------------------
■西武文理 vs 大分
活きのいい2年生が主体となり、堅守速攻を繰り出す大分に対し、大会屈指のCB三ツ田啓希を軸に、粘り強い守備で激戦区・埼玉を突破し、初出場を果たした西武文理がどう戦うか。大分は攻撃の起点にもなるGK箱田悠祐が君臨する守備と、トップ下の永松涼介、ボランチの佐藤碧が軸となって繰り出すカウンターが最大の武器。西武文理はいかに三ツ田を軸にした堅守で、相手の速攻を封じ込め、逆にFW田辺耀平をターゲットにしたカウンターを仕掛けられるか。カウンター合戦になる様相を呈しているこの一戦。どちらが押し切るか。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る