2015.05.08

法政大、連勝で4位浮上…首位との勝ち点差はわずか1/関東大学リーグ

法政大の山田(2番)はチームの2点目となるゴールを挙げた [写真]=濱野陽子

文=濱野陽子

 5日、JR東日本カップ2015第89回関東大学サッカーリーグ戦1部リーグ第7節、龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドで行われた第2試合では、法政大学が早稲田大学に2-0で勝利した。

 今年1部に昇格した法政大は、序盤戦こそ自分たちの思うようなプレーができず、勝てない試合が続いたが、ここにきて調子を上げて連勝中。現在5位につけている。対する早稲田大は試合内容こそ悪くないものの、1勝3分け2敗と勝ちきることができず現在12位に位置する。

 立ち上がりは、早稲田大がボールを持ち攻めていたが、守る法政大はMF西室隆規とDF永戸勝也を中心に素早くプレッシャーをかけボールを奪うシーンが見られた。そんな中、守勢に立っていた法政大が早稲田大の一瞬の隙を突く。前半18分、MF上田慧亮が右サイドをドリブルで駆け上がりクロスを上げると、ゴール前に走り込んだMF白石智之がヘディングで合わせ、先制点を挙げる。

 早い時間帯で1点を追いかけることになった早稲田大だが、失点に動揺することなく、FW宮本拓弥が起点となって相手陣内へ攻め込むがシュートは枠を捉えることができない。1点ビハインドの早稲田大が優勢に試合を進めるが、法政大が再び牙をむく。前半アディショナルタイム、法政大MF西室の直接FKにDF山田将之がヘディングで合わせ、追加点を奪った。「隆くん(西室)が練習どおりの良いボールを蹴ってくれたので、自分は合わせるだけだった。決められて良かった」(山田)。この2点目が試合を決定づけた。

 後半も早稲田大は、法政大の体を張った守備に苦戦。いくつかの決定機を生みだしたものの、ネットを揺らすことができなかった。結局、法政大が前節までの勢いそのままに2点のリードを守りきって勝ち点3を獲得した。

 早稲田大の主将を務めるDF金澤拓真は敗戦の要因をこう語る。「勝負どころで負けた。前半から決定機はあったが決めきれず、逆に相手が少ないチャンスを確実に決めてきた。自分たちが守るべきところを守れず、決めるべきところを決められない。そういうサッカーの本質的なところで差が出てしまった」

 この試合で攻守のどちらにおいても存在感を発揮した法政大の山田は、無失点に抑えた守備を評価する。「相手のFWがサイドに流れてきて、良いパサーもいる中で、裏を取られる場面が多かったが、DFラインでしっかり話し合って、相手に対応できたことが無失点につながった。今まではセンターバックで、攻撃をしたくてもできないポジションだったが、右サイドバックをやっているからには、守備だけでなく攻撃にも多く絡んでいきたい」

 早稲田大が降格圏を脱出できない中、序盤で苦しんだ法政大は、一気に4位まで浮上。首位との勝ち点差はわずか1と、上位戦線に名乗りを挙げた。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る