FOLLOW US

ハリル視察の一戦は清水ユース快勝…柏vs大宮は譲らずドロー/プレミアEAST第1節

JFAアカデミー福島戦で2得点の清水ユースMF福井悠陽 [写真]=安藤隆人

文=安藤隆人



 U-18世代の頂点を決めるリーグ戦「高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 プレミアリーグEAST」(http://www.jfa.jp/match/prince_takamado_trophy_u18_2015/premier_2015/)が4月11日と12日に開幕した。セントラル方式で開催となった第1節、11日の第一試合は物々しい雰囲気だった。日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が来場し、JFAアカデミー福島vs清水エスパルスユースを視察。開幕戦だったこともあり、前半の両チームの動きは、非常に堅かった。

 特に攻撃力が魅力の清水ユースは、主導権こそ握るが、アタッキングエリアでの連係が噛み合わず、得点を奪えない時間帯が続いた。それでも前半アディショナルタイムに、相手のミスもあり、先制弾を奪うと、後半はようやく清水ユースらしい攻撃を見せる。53分にJFAアカデミーのDF冨田翼に渾身の一撃を浴びるが、緊張から解放されたアタッカー陣の動きが、ブロックを敷くJFAアカデミーの守備を凌駕した。

 1トップの大野椋馬、トップ下の福井悠陽、左MFの武田夏輝のトライアングルがフレキシブルに動いて、左サイドを活性化すると、右には左利きのアタッカー、沼野誠也が、果敢なドリブルでアクセントを加えた。63分、スルーパスに抜け出した武田が、飛び出してきたGKの動きを見て、冷静に平行で走り込んだ福井にパス。福井が無人のゴールに流し込んで、勝ち越し。さらに65分には福井が倒されPKを獲得すると、自ら決めてリードを広げた。守っては最後までJFAアカデミーにチャンスらしいチャンスを与えること無く、清水ユースが3-1の快勝を飾った。

 第二試合は、昨季チャンピオンの柏レイソルU-18と、プレミア初参戦の大宮アルディージャユースの一戦。この試合は、非常に手堅い展開となった。

「大宮の攻撃はリーグナンバーワンのレベル。これをどう抑えるかがポイントだった」と柏の下平隆宏監督が語ったように、大宮は初参戦ながら、FW川田拳登、MF黒川淳史、藤沼拓夢など、アタッカー陣にタレントを擁し、彼らが織りなす果敢に裏を狙う厚みのある攻撃は、リーグ随一。一方で柏は、「DFラインは1、2年生で、初めてのプレミアという選手が多い。レイソルらしくないけど、泥臭くやって、引き分けに持ち込んでも良いと思った」(下平監督)と、いきなりの難敵相手に、“現実路線”を選んだ。

 守備の際は4バックとアンカーの安西海斗を軸にブロックを敷いて、強力アタッカー陣を迎え撃った。前半から川田、黒川を軸に果敢に攻め込む大宮だったが、柏は1年生の岡本宗馬、2年生の城和隼颯のセンターバックコンビががっちりと中央を固め、40分の決定機(川田が黒川のスルーパスに抜け出すが、シュートは枠の外)以外は、大きなチャンスを作らせなかった。

 結果は下平監督の狙い通り、0-0のスコアレスドロー。攻めきれなかった大宮が勝ち点2を落とした格好となった。しかし、大宮は前評判通りの攻撃サッカーを見せてくれたし、一方で柏もただブロックを敷いて凌いでいたのではなく、奪ってから慌てて蹴らず、中盤で落ち着いてボールを回し、さらに前線の伊藤達哉、浮田健誠、白川恵士朗の3トップが機を見てカウンターを狙ったからこそ、相手の二重三重の攻撃を回避することに繋がった。

 0-0のスコアレスドローという結果は、柏にとって「1、2年生も経験を積めたし、良いスタートを切れた」(下平監督)。一方の大宮も初陣にしては、決して悪くはない結果だけに、双方にポジティブな要素となったはずだ。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA