2015.01.02

高校女子サッカー選手権がいよいよ開幕…頂点目指す注目校【東日本編】

高校女子サッカー選手権
高校女子サッカー選手権に出場する常盤木(左上)、村田女子(右上)、湘南学院(左下)、藤枝順心(右下)

 第23回全日本高等学校女子サッカー選手権大会が、2015年1月3日(土)から11日(日)まで、兵庫県を舞台に開催される。大会は32チームによるノックアウト方式で行われ、女子高校生の日本一を決定する。

 開幕を前に同大会へ出場する32校の中から、注目校4校を紹介したい。

■常盤木学園(東北地域第1代表/宮城県)
 3年生中心で臨んだ夏のインターハイはベスト8で早々に敗退したが、2014年のU-17女子ワールドカップ優勝に貢献したU-17日本女子代表(リトルなでしこ)メンバーのDF市瀬菜々(2年)、FW小林里歌子(2年)などが主力と見られる今大会は、やはり優勝候補の一角と言っていいだろう。各ポジションにタレントを抱える選手層は他チームが羨むほどで、スピーディーなサッカーを体現するボランチのMF西川彩華(3年)が繰り出す正確なパス、サイドバックの経験もあるサイドアタッカーFW川崎咲耶(3年/アルビレックス新潟レディース内定)のスピードは今大会屈指。近年は日ノ本学園に主役の座を奪われているが、全国から部員が集まる名門の意地を見せられるか。

■村田女子(関東地域第1代表/東京都)
 昨季のインターハイで日ノ本学園と両校優勝して以来、ついに再び全国大会出場を決めた。しかも関東地区予選を1位通過し、エースストライカーFW岸野早奈(3年)の調子は上々だ。決して派手さはないが、ピッチに立つイレブンが真面目でひたむきなサッカーを試合終了まで実践し、チームの総合力で全国大会常連校を退けてきた実力は折り紙つき。雨が降りしきる関東予選の劣悪なコンディションの中でも、そのパフォーマンスは不変だった。1回戦の神村学園戦を突破すれば、上位進出への道は大きく開けそうだ。

■湘南学院(関東地域第5代表/神奈川県)
「うちには点取り屋やエースがいるわけではない。チーム全員の力で勝ち上がるしかない。だから、走ることに関しては妥協しない」と木村みき監督が指導してきたことが結実した夏のインターハイ。チーム史上最高位の3位となり、そこで自信を掴んだ。そして今大会の関東地区予選では優勝を掲げて臨んだが、2回戦・修徳戦で敗れて代表決定戦へ回ることとなった。目標を下方修正しなければならないチームは涙に明け暮れたが、気持ちを切り替えて全国への切符はしっかり掴んだ。「インターハイで3位になったけど、その準決勝で負けた悔しさを今も覚えている。それを晴らすのは、全国の舞台でしかできない」(MF間明瀬奈/3年)。喜びも悔しさも経験した湘南学院が、再び輝きを取り戻す。

■藤枝順心(東海地域第1代表/静岡県)
 前回大会は決勝で日ノ本学園に逆転負けを喫し、全国制覇に一歩届かなかった。東海地区予選では敵なしだが、全国大会となると内容で上回っていても最終的に勝ち切れない試合が続いている。未だ全国制覇を成し遂げていないMF杉田妃和主将(3年)が、最後の公式戦で有終の美を飾れるか。前回大会で活躍したFW河野朱里(3年)、FW島村友妃子(3年)が期待通りの活躍を見せ、U-17女子ワールドカップ優勝に貢献したU-17日本女子代表(リトルなでしこ)メンバーFW児野楓香(2年)が大会中にブレイクすることが、全国の頂点に登り詰める条件だろう。

文=馬見新拓郎

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る