FOLLOW US

第23回高校女子サッカー選手権出場校紹介「松山東雲/鳴門渦潮/津田/神村学園」

高校女子サッカー選手権に出場する松山東雲(左上)、鳴門渦潮(右上)、津田(左下)、神村学園(右下)

 第23回全日本高等学校女子サッカー選手権大会が、2015年1月3日(土)から11日(日)まで、兵庫県を舞台に開催される。大会は32チームによるノックアウト方式で行われ、女子高校生の日本一を決定する。

 参加出場校をチームのコメントとともに紹介する。

■松山東雲高校(四国1/愛媛)
たくさんの方々の声援のおかげで、全国大会出場を果たすことができました。全国大会では、自分たちを支えて下さっている方々への感謝の気持ちを持って、1試合でも多くプレーできるよう、最後まであきらめずに、東雲らしいサッカーをします。

■鳴門渦潮高校(四国2/徳島)
2012年に徳島県初の体育科設置に伴い、女子サッカー部が創部されました。3学年そろった今回、まずは一つの総決算というつもりで臨みたいです。全国の舞台で強豪相手に自分たちらしいアグレッシブなサッカーを展開したいです。

■津田高校(四国3/香川)
田舎の小規模校ならではの家族的な雰囲気のサッカー部。創部3年目。昨年度、運良く初めて出場させていただきました。今年も全国大会のチャンスをいただいたので、全員で最後まであきらめない姿勢を貫き、全国の強豪チームに立ち向かいたいです。

■神村学園高等部(九州1/鹿児島)
我々、神村学園女子サッカー部は部員24名で活動しています。全部員が寮生活を共に過ごし、日々同じ時間を共有しています。サッカーは決して上手くはありませんが、相手を見てサッカーをすることで、少しでも自分たちの良さが出るように、全員が脇役に徹しハードワークをしていきたいと思っています。 『魂の体現』を心掛け、一戦一戦勝ち上がっていけるように頑張っていきます。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO